ユッスーの日々

挫折と挑戦の二重らせんの日々を綴るユッスーのブログ。

月のキレイすぎる夜中に書いてしまうような日記。

ある、後輩社員との会話。
「ユッスーさんって自炊してるんですか?」
「してるよ!」
「料理できるんですか?」
「一通り出来るよ。」
「買い物とかどうしてるんですか?」 
「平日は難しいけど、週末に買い物したり掃除したりしてる。」
「掃除とか洗濯とか出来るんですか?」
「一人暮らし長いから、何でも出来るようになってしまったよ。
 洗濯は、溜めないように2日に一回くらいやってる。」
「へぇ~。」

聴くだけの後輩。
答えるだけの私。

そんな不思議な会話でした(^^;
(ポイント:一人で生活が完結してしまう哀しさ)

ともあれ、
そんな今日この頃ですが、
ユッスーもチャイも、
やりたいことがある人だから、
結婚は無理にしないほうがいいのでは!?
というメールを頂きました。
家族と過ごす時間とエネルギーは想像以上に大きく、
それを、足かせと感じてしまうかもしれないし、
それは、家族にとっても貴方にとっても、辛いことだから、と。

このメールをくれた人とは、
それなりに、人間関係も信頼関係もあるので、
あえて言わせてもらいましょう!

だまらっしゃい!!と。

30歳くらいまで、
ただひたすらに、
夢を追いかけて、
付き合ってた人も、
最後には別れてしまった。
これ、人生最大の後悔。
その後悔をなんとか、
修復できないものかと、
3年かけて、
自身の「誠意」を全て使い果たして、
それでも、無理だったのでした。
「至誠にして動かざるは、未だこれなし」by吉田松陰
松陰先生の言葉を信じて、
頑張りましたが、ついぞ、動かず。

そんな話はさておき。

今、
心の声を聴けば、
家族は欲しいし、
もっと言えば、
毎日、語り合える人、
励まし合える人と、
添い遂げたいと思っています。

ちょっと疲れていて、
完全に夜中のテンションですね。今。

恋愛したいわけじゃないけれど、
本当に愛する人を愛したい。

だけど、恋を受け入れてもらわないと、
愛には進めないんだなぁ。みつを ←注意。

出会いを求めて~西へ東へ~
なんてことは、しませんよ。
ただ、自分自身はきちんと成長して、
好きな人に、好きになってもらえるように、
進んでいきたいわけです。

200%削除したい記事ですが、
まあ、残そう!!
たまには!!

これまでも、
これからも、
人を好きになるときは、
「最後の恋」だと思ってきました。
なんていうか、結婚を考えない恋愛など、
している暇はない!みたいな。(^^;

でも、実際は、
メールをくれた人が言っているように、
夢が遠いから、ただ焦って、
素晴らしいパートナーを、
手放してしまった。
傷つけて。。。

そういう、
全てを、
受け入れて、
刻み込んで、

あえて、言えば。

「砂嵐の中で前を向く!!」

なんです(^^;

その日に、
resolutionは綴りますが、
既に、固まりつつある決意。

35歳は、
国際機関への就職と、
最後の恋への告白を。

皆さんの人生に幸あれ!
親友たちの家庭が愛で包まれていますように!!

さて、寝よう。
そして、この記事は…
読み返さない!!(^______^)
読み返すと、消しちゃうからね★

音楽に融けてく。

多少しんどい時こそ笑顔笑顔!!
なんて心がけていたら、僕が怒った時でも、
周りの人が笑って、「何があった~!?」って聞いてくれる。
温かい職場です。
福島と相思相愛、ユッスーです。

ストレスは、
それが体に悪いって知ってしまった人には、
本当に悪くて、
気にも留めない人には、
なんの悪い影響もないって聞いたことがありますが、
知ってしまってる僕には、
明らかにストレスを感じてるときに、
「それっていいストレス?悪いストレス?」と、
からかってくれる親友が隣にいて欲しい。

親友は、だいたい離れたところにいるもの。

選んだ道だからね。。。

そんな僕は、
音楽を聴きまくります。
水に溶けないストレスは、
音楽に溶けてく。


Jazzなんて、
全然知らない僕ですが、
この音楽を聴くと、
融けてくんだよな~
一日分の心の澱が、
目にし耳に聴いた、
この町に漂う淀みが、叫びが、
僕の中に融けて、
流れ出してしまう。

classic, Jazz, hip-hop, pop, rock, etc...
感情と美と真実が込められていれば、
全て好きです。

僕はギターをちょっとやりますが、
音楽の人ではありません。
曲よりも詩にばかり耳を傾けてきました。
だけど、結局、
音楽でしか触れられない、
心の部屋がある。
その扉を開けなくては、
息苦しい時がある。
そんなわけで、
音楽が好きです。

最近、好きなマンガは、
『坂道のアポロン』です。
なんで、少女漫画の人々は、
こんなにすれ違うんでしょうね。
片思いばかりの世界だ。
我が身を振り返っても、
片思いばかりだ。苦笑

話が逸れた!
単純に、my favorite thingsのjazzに、
感動したので、 筆を執ってみました☆

最近ちょっと、
余裕がないな。。。
って方に、
すごくお勧め致します(^^

ユッスー拝 

夏の終わりに思い出すこと。

というタイトルで記事を書きたいとtwitterに上げていたことを、
忘れてたわけじゃあございません。 
今日は休日出勤の代休で三連休の最終日なのです(^^

このタイトル。
実は、ちょっとだけ、
重いんだなぁ。

あ、申し遅れました、ユッスーです。

Podcastを始めてから、
ありがたいことに、
「声がいいね!」 って言ってもらえることがあります。
それは、すごくすごく嬉しいことで、
ただただ、ニヤニヤと嬉し笑いが止まらないものです。笑
とはいえ、そんなことを言われたことって、
人生で全然なかったんですよね。

覚えているのは、
ただ一人。

親友の奥さんになった人でした。

あだ名は、ピャーポさん。
その人から、当時飛ぶ鳥を落とす勢いだったmixiで、
紹介文を書いてもらったんです。
以下、一部紹介。

物怖じせずに人とお付き合い出来るのが本当に凄い。
いろいろ書きましたが、そこが1番尊敬している所です。
あと声がいい。いつもお腹から声を出している感じです。

これが、人生で初めて声を褒められた経験でした。
ピャーポさんは、本当に面白い人で、普通に話していると、
フワフワしていて天然な感じなんですが、
ひとたび、筆を執ると、その文章が面白いこと面白いこと!!
何気ない日常でも、こんな風に彩りとユーモアで綴ってしまえるのか!!
と感銘をうけることしきりでした。

でも、
彼女は、
もう、いない。

二人目のお子さんを産んですぐに、
ガンで天国に行ってしまいました。

ガンと闘いながら、 
子育てとお産を両立させていたんです。

僕らがそのことを知ったのは、
亡くなった直後のことでした。

心配させまいと、
夫婦で話し合って、
周りに言わなかったんです。

親友第一と言いながら、
二人の闘いを支えられなかったこと。
今でも、彼女が天に旅立った夏の終わりに、
僕の胸をぎゅっとするのです。

親友の彼とは、
この夏に久しぶりに会えました。
元気そうで良かった。
シングルファザーで、
二人の子を育てている。

僕の職場の上司の声は、
彼の声に似ているので、
親近感が湧きます。笑

声を褒めていただくとき、
ピャーポさんを思い出す。
水族館に三人で行ったり、
ドライブに三人で行ったり、
レストランに三人で行ったりしてました。

腹から声を出して、
これからもラジオを録るよ。
これからも職場に出るよ。
これからも世界で語るよ。
これからも友達を作るよ。

しんみりしてしまったので、
最後に、彼女が一番好きだった、
bankbandがカヴァーした「歌うたいのバラッド」を。
 

ネット狂時代

昨日は書いたブログを15分くらいで削除して、
ちょっと意識している自分を意識してしまったユッスーです(^^;

人はそれほど人のことに興味ないんですけれど…ね♪

今でも時々心に響くメロディは。

♪弱い者たちが夕暮れ
 さらに弱いものを叩く
 その音が響き渡れば
 ブルースは加速してゆく♪
by 真島昌利 of The Blue Hearts

生まれて来てから、
何度この光景を目にしてきたか。
子どものころはあからさまで、
大人になってからも続いている。

こういうことは、
言いたくないんですけれど、
日本にいると、
とりわけ目につきます。
単に情報量が、
母国語だと多いだけかもしれませんが。

叩きやすいところを叩く。
軟らかいところに咬み付く。
相手の届かないところから、
ステルス機で爆撃する。
そういう心。

小保方さんも、
佐野研二郎さんも、
過去に遡って、
散々やられましたね。
そういうことを、
喜々として暴こうという人々。
証拠を掴んだら、
一斉攻撃に参加する人々。
自分に火の粉が飛んでこないように、
どこで切ったらいいかな~と、
トカゲのしっぽを探す人々。
そんなこと我関せず、知ったものかと、
恋愛だけを歌うミュージシャン。

僕の心には、
TRAIN TRAINが流れていますよ。
とっきどき、本当にとっきどきですが、
twitterで顔の見えない方から、
辛い言葉もありますよ。
だけど、それを晒そうとは思いません。
今後もそうするつもりはありません。

ネットの恩恵が大きすぎて、
いつのまにやら、
ネット狂時代。
チャップリンが生きてたら、
どんな映画を作ったでしょう。

信じられないようなニュースが、
世界中に拡散される世の中だけど、
人間の人間性を信じていこう。
文化も生活様式も全然違う国があって、
だけどそこには、
分かり合える人が沢山いて、
そういう人と実際に出会って、
一緒に働いて、
友情を繋げたいな。

暑苦しくても、
正論臭くても、
僕のブログは、
こーゆー感じで、
やっております(^^;

明らかに、
もっと書きたいテーマなのですが、
まだ、火曜日。
焦るような時間じゃないと、
心の中の仙道もいっておりますので、
続きはまたいつか(^^

PS. この拙いブログにも、コメント欄がございまして、
  もれなく返信させていただきますので、
  イイタイコトがある方は、是非、記事の下の方からお願いします~♪ 

子どもを信用するということ。

炭酸の風呂が好きだけど、
炭酸ガスですぐむせちゃう、
悲しい体質、ユッスーです。
あ、でも、好きなので入ります(笑)

twitterでは、なぜかこの記事のリンクがスパムとして判定されて、
tweet出来なかったので、長文ですがブログに載せてみます。
本当に長文で、申し訳ない(汗)

以下、その記事。
****************************************
クリスマスの日に米国マサチューセッツ州のお母さんが13歳の息子にiPhoneをクリスマスプレゼントとしてあげました。
iPhoneの箱にはお母さんが作った使用契約書が入っており、その内容が今アメリカで話題になっています。

その内容とはiPhone(スマホ)を使う為の「18の約束」です。
ちょっと厳しい感じもしますが、息子への愛を感じる約束って感じがしますね。

使用契約書の内容は以下になります。

グレゴリーへ

メリークリスマス!あなたは今日からiPhoneを持つことができます。
やったね!あなたは責任感のある利口な13歳なので、このプレゼントはあなたにふさわしいとおもいます。
しかし、このプレゼントを受け取ったからにはそれなりの約束を守ってもらいます。
以下の約束を読んでおいてください。
こんなルールがなくてもリテラシーを守ってテクノロジーや技術を享受できる健全な青年であることとわかっていますが、こうすることが私の役割だと理解してくれると信じています。
これら18個のことが守れないようならすぐにiPhoneをとりあげますよ。

あなたのことを本当に愛しています。これからあなたと数千のメールをやり取りすることを楽しみにしています。
1.これは私のiPhoneです。私が買って、あなたに貸してあげています。私ってやさしいでしょ?

2.パスワードは常に私に報告してください。

3.これは電話です。鳴ったらマナーを守って必ずでて下さい。それがママかパパだったら絶対に出ること。

4.学校のある日は午後7:30に、休日は午後9:00にママかパパにiPhoneを渡しなさい。次の朝7:30までシャットダウンしておきます。友達の親が直接出る固定電話に電話出来ないような相手ならその人には電話もSMSもしないこと。自分の直感を信じて、他の家族も尊重しなさい。

5.iPhoneを学校に持って行ってはいけません。メールでやり取りする相手とは直接会話を楽しみなさい。会話は生きる上で大事なスキルです。

6.もしトイレに落として水没させたり、地面に落として破損、紛失した場合は、修理費用は自己負担です。庭の芝刈りや赤ちゃんの世話、誕生日でカバーしてください。

7.このテクノロジーを使って嘘をついたり、人を馬鹿にしてはいけません。ネットいじめに関わるようなこともしてはいけません。人のためになることを第一に考え、喧嘩に参加しないこと。

8.人に面と向かって言えないことを、この携帯を使いメールで言わないでください。

9.友達の両親の前で言えないようなことをメールでしないこと。自己規制してください。

10.ポルノは禁止です。私と共有出来るような情報をネットで調べてください。もしわからないことがあるようなら、誰か人にきくようにしなさい。なるべく私かお父さんに聞いてね。

11.公共の場では電源を切るか、サイレンスモードにしなさい。特にレストラン、映画館など他の人としゃべっているときは気をつけなさい。あなたはだらしない人ではありません。iPhoneがそれを変えるようなことがあってはいけません。

12.あなたや他人のプライベートな写真を送ったり受け取ったりしてはいけません。バカにしてもだめです。あなたは賢いですが、そういうことがしたくなる時期がやってきます。それはとってもリスクが大きく、学校生活だけでなく人生さえも壊してしまう可能性があります。サイバースペースはあなたより巨大で強力です。一度広まってしまったら、解決するのはとっても難しいです。

13.膨大な数の写真やビデオを撮らないでください。すべてを記録する必要はありません。経験を大切にしてください。全てはあなたの記憶に残ることでしょう。

14.ときにはiPhoneを家に置いて行きなさい。iPhoneはあなたの人生でもあなたを拡張するものでもありません。携帯なしで生活することを覚えてください。携帯を失うことを怖がるようなソーシャル依存症になってはいけません。

15.友達が聴いているような平凡な音楽ではなく、クラシックや前衛的な音楽をダウンロードして聴いてください。現在は昔と比べ音楽を簡単にダウンロードしたり聴けるようになりました。この環境を活用してあなたの視野を広げてください。

16.言葉ゲームや難しいパズルを解いて、脳をきたえなさい。

17.あなたの周りで起きることを良く見てください。窓の外を見て鳥の声を聞いて、散歩に出かけ、知らない人とも話すようにしなさい。グーグルに頼らないで探し求めなさい。

18.問題があるようなら、iPhoneを没収します。そして一緒にそのことについて話し合います。またやり直しましょう。あなたと私はいつも何かを学んでいる。私はあなたのチームメイトです。一緒に答えを出して行きましょう。
これらの約束を守ってくれることを願っています。これらはiPhoneだけでなく、人生にも通じることです。あなたは早く変わり続ける世界のなかで成長していきます。
刺激的で魅力的な世界です。
できるだけシンプルに物事を考えて行ってください。
自分自身の力強く大きな意思やこころを信じて、機械やガジェットなんかに負けないでね。
あなたを愛しています。
iPhoneを楽しんでね。
メリークリスマス!

お母さんより
****************************************

 この記事、僕の友達がFBに上げていて、
その感想は概ね賛同なんですけれど、
僕は読んでいて、すごくぐったりしちゃいました(^^;
「貴方を信用しているわ」っていう雰囲気の言葉をたくさん使いながら、
実際には、規制でガチガチです。
「信用してくれてるな!!」って僕がグレゴリーなら感じませんね。
ただ、ポイントは13歳という年齢。
確かにiPhoneは早いのですよ。
だからこその規制なんだと思いますけど、
だったら、与えないほうが良いと思っちゃいます。

北海道大学の建学に携わったクラーク博士。
Boys, be ambitious.
少年よ、大志を抱け
でも有名ですね。

クラーク博士の逸話なんですが、
北大の校則を決めようという段になって、
彼はこう言ったといいます。
「たくさんの校則は
 必要ありません。
 校則はただ一つ。
 “紳士たれ”(Be gentleman)
 だけでいきましょう!」と。

僕はこのエピソードがすごくすごく好きです。

振り返って、このお母さんの約束。
一方的な押し付けは約束じゃないんですよ。
せめて、きちんと対話して、ルールを決めたらよかったのに。。。
言っていることはほとんど正論ですし、
大人が読んでも参考になります。
むしろ、大人じゃないと本当に理解は出来ないことではないかな~と思う訳です。

このお母さんと数千のメールをやり取りするグレゴリー君。
クリスマスプレゼントおめでとう!!
そして、ドンマイ!!
ただ一つ、贈りたい映画は、
「今を生きる」です。
Seize the day.
今を掴んでね。 
君の心で。 

全てが虚しくなる瞬間

最近、前向きなトークが「偽善者っぽい」と言われることもしばしば。
ユッスーです(苦笑)

ちょっと無理してる感が出ちゃってるんでしょうかね(^^;;;
テンションは雑巾のようになんとか振り絞りますよ☆

仕事って、大人って、恋愛って、人生って、 
どーしても、疲れるんですよ。
そんな疲れを忘れることが出来るのって、
楽しんでるときだと思います。
だから、
テンションを上げて、
ピエロになって、
なんとか、笑っていたい。
笑ってもらいたい。
そう思ってます。

うん、立派な偽善者だ(笑)!!

タイトルに戻りますと、

全てが空しくなる、虚しい瞬間があるんですよね~
あくまで瞬間なんですが、その瞬間って、すごく怖くて、
ちょっと居心地が良かったりします。
なんていうか、諦めの境地に片足突っ込んだような。
「もう、十分走った。ちょっと休め!」と言われたような。
実際には、全然、何にも、成していない。
本当に駆け出しの僕なんですが。。。ね(^^

スーパーマリオで、
立ち止まっていると、床が抜けるブロックがありますよね。
僕の人生ってそういうコースを選んでるような気持ちがあるんです。
だから、少なくとも気持ちは何年も走ってます。
走ってるったって、陸上部のような走りじゃございません。
マラソン大会でギリギリ完走出来るか出来ないかの喘息ボーイの走りです。

愚痴を言いたいんじゃ~ございません★
きっとガンジーも高杉晋作もジャンヌ・ダルクにも、
そういう瞬間があったんだろうとも思う訳です(^^;

ここから、反転攻勢♪

全てが虚しくなる瞬間は、
走り続けてる人にこそ訪れる。
そして、その迷いを打ち砕くのは、
僕を待っている人たちの健気な姿。
セネガルを肌で感じることが出来て、
本当によかった。
僕が頑張る理由が明確に存在している世界。
その現実は魂に焼き付いてる。
ごめんよ。
少なくとも、表面的には満たされてるから、
一瞬、ほんの一瞬だけ、
君たちのことを夢のように感じてしまった。
もう、目が覚めたから。
また、走り出すよ。

また会えるかは分からない。
だけど、必ずどこかで繋がる道を往くよ。

アフリカの地平線に沈んでいく、
オレンジ色の燃えるような大きな夕陽を、
僕だけの場所で、毎日のように見ていた。
その光に照らされたら、
全てが意味に満ちてる。

また逢う日まで、インシャラー☆ 

三十路の折り返し地点に向けて☆

晴れた日に車のドアを開けた瞬間のムワッとした熱気に、
アフリカの乾季を重ね合わせて、胸がトキメク、ユッスーです。

秋と冬がずっと好きでしたが、
セネガルに行ってからは、
春と夏が大好きになって、
もう、季節に死角なしですね(^^)v

さて、
twitterでもいろいろと青臭い暑苦しい発言を繰り返していますが、
それは、誕生日までひと月を切ったので、仕方ないんです。
誕生日を覚えてください!祝ってください!なんて、
本当に思ってないんです!!
…でも、そう思われちゃうよなぁ。。。

という訳で、twitterではなく、
ちゃんとしたことは、ブログに書くべし!と思ったわけです。

以前のブログでも書いたのですが、
僕には、三十路の入り口に立った時に、
友達の前で誓った夢があります。
それを改めて、きちんとまとめると、以下のようになるかと思います。

「この瞬間にも世界で起きている、理不尽かつ残虐な紛争と、
なにも報われなず手のつけようのない極度の貧困を終わらせるために、
国際機関で責任のある職に昇りつめ、その問題解決に人生を懸ける」 

その為には、一生勉強、一生労働ですね(^^
気持ちだけは、大学時代から一番だと自負していましたが、
なかなかどうして、実力が伴わない(-_-;;;
なんの。俺はスラムダンク世代。
「諦めの悪い男、ユッスー。」

来年の国連採用試験に向けて、
走り出しています。
僕の受ける試験は、
4月1日の時点で、
35歳以下という年齢制限があります。
つまり、来年がラストイヤー。
最初で最後の挑戦。

燃えてます。そして…

「そこいらの連中みたいにブスブスとくすぶりながら不完全燃焼しているんじゃない。
ほんの瞬間にせよ眩しいほど真っ赤に燃え上がるんだ。
そして後には真っ白な灰だけが残る。。。
燃えカスなんて残りやしない。
真っ白な灰だけだ。」 
               by矢吹ジョー
そーゆーことです(^^)b

ユッスー拝 
カウンター
  • 累計:

Twitter始めました。
最新コメント
月別アーカイブ
ギャラリー
  • 絵画でティーな午後~真友たちの贈り物~
  • 絵画でティーな午後~真友たちの贈り物~
  • 絵画でティーな午後~真友たちの贈り物~
  • 音楽に融けてく。
  • 夏の終わりに思い出すこと。
  • イイタイコト2011
最高の芸人「エレ片」のラジオ
by PODCAST-BP
  • ライブドアブログ