ユッスーの日々

挫折と挑戦の二重らせんの日々を綴るユッスーのブログ。

10月13日~愛の詩~

    1013~愛の詩~
                       作詩:明星有志

ただ風の音聴きたくて 高幡 自宅前 いじってる
NSR相棒にして

始めたファミリーマートのバイト 検品 レジ打ち 品出し
毎日をひたむきに

僕のした単純作業で 何気ない出会いが始まる
それを気にしだした女の子 それはピャーポ Come on Happy

鍵開け 合気道 ビートル(カブトムシ) 匠の技術を体得
退屈にさせない毎日が ハリネズミの 隠れた実力


4月29日 笑撃が 君に「好きだ」と伝えたら
“ハリネズミと私”(が始まった)

そうだね 宝くじは外れてばっかさ
だけど君を射止めたから きっと俺ラッキーマン!

山晋と中一の時に 僕らは映画を観ました
今度は貴子と手を繋ぎ 二人だけの物語を

目覚めると隣には君が 日が暮れれば君の「おかえり!」
僕らは何処へでも行けるよ 君を乗せて 地球の果てまで


今日は おめでと~!  今日は ありがと~!


君と出会えた奇跡が 今の僕を作り作って
忙しい日々を送る僕に 笑い声を届けてくれる

たまには喧嘩もするけど いつのまにか二人笑って
また二人の日常に戻る 君とだから 出来る迷わずに

これから二人永遠に 共に歩み共に生きて↑
笑顔絶えない家庭築き 幸せを作っていく

そんな山晋・貴子さん 今日いるみんなに支えられ
どんな夫婦よりも幸せ 願う僕ら 笑顔で祝福

おめでとう

素敵な未来へ

床屋にて

みなさんこんばんは。
今日は床屋に行ってきました。
最近ではカリスマ美容師なる言葉はあまり聞かれなくなりましたが、
僕はもともと美容院には行かない人です。
いや、行ったことはありますよ。2度ほど。
でも、結局どこで切っても「普通に切ってください」としか言わないので、
自分で切るか、近くの安い床屋に行くことに落ち着いたわけです。

さて、問題は今日の床屋です。
自宅からバイクで5分。1000円カットの店に入りました。
個人的には普通の床屋を望んでるんですが、予約取ったり、
中で待ったりってのが面倒くさいので、1000円カットも利用します。

椅子に座ると「今日はどうしますか~?」と聞かれ、
「横と後ろ刈り上げて、あとは普通に切ってください。」と答えました。
刈り上げ。
憧れの刈り上げですよ。
今年に入るまで、人生で一度も刈り上げをしたことは無かった…。
でも、昭和のサラリーマンや少年はみんな刈り上げてるイメージがあった。
古き良き好青年を目指す僕は今年から勇気を出して刈り上げることにしました。

ある程度切ってもらってから「横の刈り上げ具合はこんな感じでいいですか?」と聞かれ、
メガネを外してるのでよく見えないままに「もう少し短くしてください。」と答えてしまいました。
床屋で「短く」という単語は気をつけて使わないと想定外の長さ(短さ)になります。
正直、昨晩はあまり寝てなく、意識がぼんやりしてたので、うかつにも「短く」と言ってしまった私。
しかも、その後 疲れと眠気で目を閉じてしまいました。

横と後ろが終わり、床屋さんもちょっと切りすぎたと思ったのでしょうか。
「前髪はちょっと長めに致しましょうか?」
「(このままだと短くなりすぎるぞ)はいちょっと長めで。」

そして、完成(この間15分)。

久しぶりに「アジャパー(死語)」と思いましたね。
横と後ろが短く、前と上が長めの髪形は、
前髪を上げればTOKIOの松岡、下げれば爆笑問題の太田 光でした。

見たい?いや、見せたくないな。しばらく、友達と会わないようにしよう!!
でも、あさっては親友の結婚式の司会が…(涙)

自宅で人生初のワックスなるもの(弟のもの)を使用してみました。
いや、すごいね、ワックス。
ほんのちょっとつけるだけで自由自在じゃん!!!
でも、そのワックスをもってしてもフォローしきれない俺の髪型は何なんだと。
苦笑しつつも、七三が割りといいなと思ったので、
結婚式は七三で行きます。(乞うご期待)

む、無念。(語学学習のワナ)

今さっきまで、1時間以上かけて書いた
「英語学習を挫折させるワナ」についての記事が消えてしまった。
保存ボタンを押してから、記事の確認画面を見て、
あ、カテゴリ選んでね~やと思って、戻るボタンを押したら、
「エラー」ですよ。
ブラウザの戻るで戻ったらそこには純白の記事が。

今度こそ完全版にしようとの意気込みで書いていたので、
書き直す気力が……ない。

気力復活を待っていると内容を忘れそうなので、
ポイントだけ公開(後悔と共に)します。

語学学習(特に英語)を挫折させるワナを重要だと思われる順に挙げます。
1.目的がハッキリしていない。
2.期間・ペースがハッキリしていない。
3.必要性を十分に認識できていない。(優先順位が低すぎる)
4.自分の実力を認識できていない。(英語苦手意識からくる過小評価)
5.英語の全体像を把握できていない。
6.自分で選んだ単語帳や参考書をやりきらない。
-----------------------------------------------------------------------
ランク外:勉強法が間違っている。

以上で、非常に重要なのは1と2です。
3~6は一度納得してもらえればワナにはかからないと思います。
ランク外に関しては、より良い勉強法を探していこうって気持ちは大事ですが、
今の勉強法がしんどいからといって他の勉強法に変えてみようってのはそれこそ間違いです。

さっき、消えた記事では日本に住むインド人の少年が、よく遊び・よく食べ・よく寝ながら、
日本語・英語・ヒンディー語(要はインド語)を話すことが出来て、
さらにサンスクリット語(インドの伝統的な言語)も学び、
中国語・韓国語も身につけようとしているという話を紹介しました。
でも、その少年は特別な天才とかでは全く無く、同級生もみんな同じような状況で、
もちろん数学やコンピュータも出来るんだろうなって話も書いてました。
要は、自分で自分に限界を作らなければ、何ヶ国語でもどんな学問でも
身に着くということを学びましたよって話です。

それと、1.目的がハッキリしていないに関してはかなり詳しく説明してあったんだけどな~~~!!!まぁ、そう言ってても仕方が無いですな。
次回、1~6まで説明させていただきますね(特に1と2は詳しく)☆
(内容・時期に)期待しないで待っててくだされ!!

親友の結婚式の準備★

来週の土曜日は大親友の山晋くんと、天才ブロガーの貴ちゃんの結婚式★!!
めでたいことは続くもんですね。
先月は亮&サムで、来月は僕が高2の時惚れまくってたTさんの結婚式です(失恋済み)。

ともあれ、山晋の友人といえばもちろん僕らです。
光栄にも私(わたくし)が司会を務めさせていただく予定でございます(不安)。
余興も僕らでやります。司会が余興をやるってのはありなんでしょうか。
余興が終わったときに「もう一度大きな拍手を」って誰が言うんでしょう。
まあ、が言うつもりですが(オイオイ)。

山晋とは中学1年生からの付き合いです。
今、これを読んでる日野三中の皆さん。「え?山晋って人いたっけ?」なんて
思ってませんか?
彼は見事に高校デビューしたのです!!!
といってもヤンキーになったとかそんなスケールの小さなデビューじゃないですよ。
彼は走り屋になったんです!!!
といってもヤンキーじゃないですよ。
純粋な走り屋。ついたあだ名が巨摩 郡(こま ぐん)。←「バリバリ伝説」より
さらに!!!
彼はメカニックYamakawaとして変貌しました。
週末に彼の家に行くとガレージ(PIT Yamakawa)には
仰向けにセッティングされたNSR(レーサー用のバイク)が!!
さらにさらに!!!
技術立国を支える彼の技術は割り箸削ってバイクのキーをコピーするという
離れ業やってのけて周囲を驚かせました。(実際にエンジン掛かりました。)

そんな彼は今は二輪で世界トップとも言える誰もが知ってる企業に勤めています。

さて、今日はそんな彼と貴ちゃんのための余興の準備の日でした。
待ち合わせは午後6時に高幡のセブンイレブン前。
僕はいつもどおり軽く遅刻して6時5分に着きました。
待ち合わせしていた人数は僕を入れて7人
着いてみると集まってる人数はゴルバチョフもびっくりのレーニン(0人)でした。
遅れること15分、亮くんが。
さらに15分ほどして福ちゃんが。
ここから先は皆さま数時間単位で遅刻です。
全員そろったのが午後8時50分
アフリカか!!!と突っ込みたくなりましたが、正直これくらいは想定内でした。
だって、明星だもの。(地元のメンバーは高校時代明星大学にたむろしていたので、
今でも明星メンバーと呼びます。)

余興の準備は意外に順調に進み、午後11時にはひとまず完了でした。
その後、電車のメンバーが帰路につき、残ったメンバーは大衆居酒屋に。
残ったメンバーの顔ぶれを見ると、俺・川村・上島・井田君・さやかちゃん(井田君の彼女)。
やばい!明星の三馬鹿(川村・上島・俺)が揃ってる…(ガタガタブルブル)←2chより
今日は僕の体調が悪かったおかげでそれほど荒れませんでしたが、
やっぱり(川村しか飲んでないのに)収拾つかない事態に。
面白い顔コンテストでは「変質者か!!」と突っ込まざるを得ない顔もありました。

やっぱ、地元は良いね。

次回三馬鹿が揃ったときは面白いネタを記憶しておいてここで公開します。

人生は素晴らしい。

最後の勝利を勝ち取りました。
名古屋大学大学院国際開発研究科 国際開発専攻 博士前期課程に進学です。

このブログでは苦悩や葛藤を綴ることもあったんだけれど、
その苦しみなくしてこの喜びは語れない。
最後に必ず勝てるから、人生は素晴らしい。
僕の馬鹿面でさえ、「合格」の文字を見た瞬間は輝いていたと思う。

苦しい時、行き詰った時、有形無形の沢山の思いやりに支えられた。
人は支えあって生きてくから、その絆が美しく輝く。
こんな俺にも、世界のどこかに使命があるんじゃないか。
こんな俺でも、絶望の闇に覆われた本当はとても素晴らしい人の役にたてるんじゃないか。
こんな俺だから命がけで馬鹿みたいに正義を叫んだって悪くないんじゃないか。
そんな思いで歩いてきたこの道。これからもそうやって歩いていこうと思います。

この合格という(小さな)勝利を、
人生の師と、
家族、親友、同志、先輩、後輩に捧げます。

明日の朝は、勝敗の朝。

秋入試のトリを飾る本命の院試の結果が26日に発表された。
けど、発表は名古屋であったから、東京にずっといた俺は見てません。
郵送で送られてくる結果を祈るように(実際祈りながら)待ってます。

26日に名古屋を発送された合否の通知は、明日(もう今日か)の午前中には届くでしょう。
絵に描いたように不安と期待の波が寄せては返し去来しています。
筆記試験が19日。
20日の朝に筆記に合格したことが分かって、そのまま面接試験を受けることになった。

面接の手ごたえは良かった。
けど、面接官の優しさが気にかかってる。
面接は厳しい方がいい。優しい面接は不合格の可能性が高い。
だって面接官も落とそうと思ってる人には逆に優しく振舞うもんだから。

試験の前々日に27歳になったから、年齢的にも最初で最後のチャンス。
そう思って受験準備をしてきたけど、持ち前の(自分への)甘さが常にあったな。
結果はそのまま受け止めるしかない。

明日の朝は、勝敗の決する朝。
もちろん、今晩は容易に寝れない。
4月からの半年で何回徹夜したかな(^^;

本当にお世話になった会社を退社して半年。
もうすぐ、総決算。
第二の誕生から10年。
もうすぐ、再出発。

やっぱり、今日は寝れないから、一人でいろいろ考えていよう。

近況

最近は涙腺が弱くなってきた。
つっても、涙はめったにこぼさないけどね。
真剣に生きてる人、人の思いやり、人の覚悟、人の苦悩、そういうのにグッとくる。
それは本やテレビや映画や音楽や漫画や会話の中で出会ったりする。
情緒不安定なのかもしれないし、そうじゃないかもしれない。
とにかく、合格発表があるまではあがいたってど~にもならない。

そんな今の心境を一言で言うと、
“惚れて惚れて惚れまくって、この人しかいない!って人に勇気を出して告白したら、
「一週間後に返事をします」って言われた時の一週間”(分かりにくい?)
なんつ~か、こちらとしては現在の全てを出し切ったし、
考えるほどにそこがベストだって思えるところだから、
落ちた時の自分へのフォローが見当たらない。
ただただ絶望するしかないんだろうなって思う。

そもそも、俺が貧困問題に人生掛けようと思った動機ってなんだろう。
「あの時」と振り返るべき原点がないことに既に気付いてる。
でも、なんとなくで踏み出せるような道じゃないし、
中途半端な気持ちで歩いてきたわけじゃない。
ただ、その答えがうまくまとまってないんだろうと思う。

貧困問題。
考えれば考えるほど矛盾だらけの世界。
知れば知るほど戦慄の現代社会。
僕を立ち向かおうと思わせるのは「義」の心。


敬愛する坂本竜馬が16歳の時に詠んだ歌。

世の中の
人は何とも
言わば言え
我が為する事
我のみぞ知る
カウンター
  • 累計:

Twitter始めました。
最新コメント
月別アーカイブ
ギャラリー
  • 絵画でティーな午後~真友たちの贈り物~
  • 絵画でティーな午後~真友たちの贈り物~
  • 絵画でティーな午後~真友たちの贈り物~
  • 音楽に融けてく。
  • 夏の終わりに思い出すこと。
  • イイタイコト2011
最高の芸人「エレ片」のラジオ
by PODCAST-BP
  • ライブドアブログ