ユッスーの日々

挫折と挑戦の二重らせんの日々を綴るユッスーのブログ。

命が軽ぃ~よ。

1999年4月に起きた山口県光市の母子殺害事件。
殺人などの罪に問われ、最高裁が一、二審の無期懲役判決を破棄した
当時18歳の少年だった被告(26)に関して。

正確に言うと、そのニュースと世界の悲惨について。

テレビやワイドショーで何度となく取り上げられてきた山口県の強姦殺害事件。
遺族の方の悔しさ、怒り、悲しみはいかばかりか。
本村さんの誠実な冷静な法廷での闘いに感動する。

今日は意見陳述があって、「遺族としては命をもって償ってもらうしかない」とのこと。
愛する妻子を理不尽かつ無残に殺害された本村さんが極刑を望むのは理解できる。

けれど、僕は死刑に反対したい。
矛盾するようだけれど、もしも自分の妻子が同じように殺害されたら、
警察署の中でも、法廷でもかまわずに少年を殺そうとすると思う。
もしくは、無期懲役から出てきたときに探し出して殺す為に執念を燃やすかもしれない。

でも、本村さんの深い感情は現在 僕のものではない。
ワイドショーに乗せられて「死んで償え!」と叫ぶことは出来ない。
冷静に考え、判例に照らして無期懲役か。
生きてこその償いというものがあるんじゃないかな。
心から亡くなった二人のご冥福を祈りつつ。

そして、世界に目を向けると。
虐殺、強姦(輪姦)、拉致監禁、人身売買、児童労働、AIDS、極度の貧困。
サブ・サハラのアフリカに蔓延している。
例えば、南アフリカの中にあるレソトという小さな国では、
AIDSに感染している人の割合が4人に1人に上る。
毎週金曜日は至るところでお葬式があるため、
金曜日は重要な会議や行事や仕事をいれないというのが社会の暗黙のルール。
特に感染する危険が高いのが若い女性。
男性はAIDSにまだなっていない確率の高い若い女性や少女を好んで犯す。
さらには、AIDSに罹っていない少女と性交をするとAIDSが治るという酷い迷信があるから、
その傾向は強まって、生まれて3ヶ月の赤ちゃんが犯された事例もあるという。

この記事を書いた人はUNICEFに勤める日本人女性。

情報源を明示したほうが良いかな。
『国際協力の現場から―開発にたずさわる若き専門家たち』
山本一巳・山形辰史編(岩波ジュニア新書 564)

JICAやアジア経済研究所(JETRO)などの信頼性の高いレポートを読んでいても、
世界がいかに悲惨で残酷で理不尽であるかと感じる。
だからといって、完全武装で現地に行って聞き込みして、
殺人や強姦した輩を片っ端から死刑にしていけば世界が平和になるのだろうか。
どこの誰にそんなことをする権利と責任があるだろう。

目の前に見たこともない男を連れられて、
「彼はアフリカで3件の強盗殺人と7件の強姦を行いました、
そこでこんなことを許せない正義のあなたにこの男の死刑をお任せしたい。
ちなみに、作業が終わったら同じような者がまだ沢山おりますので、
そちらも是非宜しくお願いします。」という台詞があったとしたら、
ワイドショー見て何か事件がある度に「絶対コイツ死刑しかない」
と言えるセイギノ ヒトニ キカセタイ。

ともあれ、最悪の状況と言われている途上国はあまりに過酷で危険すぎて、
今の僕が現地に行ったって、身包みはがされてハイエナの餌になるだけだろな。

この世界の現状を、
知らないことは罪じゃないと言えるだろうか。
極東の島国で悩むことに価値はあるのだろうか。

名古屋にて

名古屋に来ているアサです。
皆さんこんばんは。
感動的な亮とサムの挙式の2日後には名古屋入りです。
ホテルは良いよ。安価で綺麗で快適そのもの。
名古屋は半年振りくらいだけど、なかなか活気があるね。
名古屋はエスカレーター東京と同じで右が追い越しだったわ。
大阪は反対らしいから、名古屋は真ん中か?って思ってたんだけどね☆

さて、こっちに来たのはもちろんレジャーです。
たまに一人になりたくなるんだよね。
だけど、遊んでばかりもいられません。
今日は昼から論述試験でした(^^;;;
午後3時に試験会場を出て、小腹が空いたなってことで街をブラブラ。
小粋な店で人生初の一人焼肉に挑戦したかったんだけど、
そんな時間に開いてる焼肉屋がある由もなく。
f3948519.jpg
かといって、東京で食べれるものも面白くないので、
名古屋名物(?)の「あんかけスパ」を食べに行きました。
これ、実は2度目。一回目は前の会社の同期と食べたんだけど、結構美味しかった記憶があったのでリトライ。
みんな、食べたことある?
メニューはカレーのココ壱番屋くらいあって、オラがたのんだのは「野菜・ポーク(マッシュルーム抜き)」。
味はね~~~~。
胡椒かけ過ぎ!!!
でも、まあ有りかなってとこでした。
店長は客がオラ一人で暇そうだったから、
「東京から来まして~」などと話しかけたりしてたんだけど、途中でハプニング発生。。。
「血ぃ出とる…。」
あんかけスパに鮮血が!!

俺のライトノーズホールから!!!

実は昨夜から時折出てました。

しかも、タイミング悪すぎ。
昨夜、セクシーな映画を観たのがいけなかったのでしょうか?!(笑)
今日も試験の直前にポタポタ。
実はストレス溜まると鼻血でる体質なんですよね~。
しかも一旦出るとなかなか止まらない。
ティッシュを詰めてもすぐにきん肉マンの王位争奪編のマント状態ですよ。

ともあれ、鼻血が飛び散ったスパを食べるのもきついので、退出。
店長「大丈夫ですか?」
オラ「大丈夫っす。残してすいません。」
店長「ポケットティッシュとかありますか?」
オラ「はい(先ほど出会い系喫茶のティッシュもらっといてよかった…)」
てか、出会い系喫茶ってなんだ?マジックミラーの向こうの相手を選んで、そのままデート!ってどういうこっちゃい!
え?女性がさくらってこと?それともお互い相手の顔は見えない状況でボタンとか押して、一致したらOKみたいなシステムか!?まぁ、どーでもいいことですが。

なんか、長くなってきたね。しかも内容ないしね。
でも、今日はこれだけは伝えておきたい。
人生初の一人カラオケやってきました。
一人で1時間。
左手にリモコン。右手にマイク。左目で選曲。右目で歌詞。って出来るかい!
ケツメイシを頑張って歌ってみたけど虚しくて2007秋。
一昨日27歳になりましたが、だんだん恥じらいを意志で乗り越えられるようになってきました。
以前は親友といる時限定でハッスルしてたんだけどね。
これから先、みんなとは道が違うから、一緒に通学したり働いたりすることはない。
一人でまた新たな親友を発掘して一期一会です。

みんなリタイアしたころには村を作ってみんなで暮らす予定だけどね!!
長々とソーリー。あんまり寝れないもんで書き綴っちゃいました。
明日は筆記が通ってれば面接試験。
相変わらず厳しい戦いなので応援よろしくは止めときます☆

亮とサムはどんなときも

亮とサムはどんなときも
作詩:明星有志

ノーマルギター少年 窓側のクラスメイト
嘘やずるさが嫌いで 実直ナイスガイ
友情を守り続ける 爽やかな好青年
そんな亮に出会えて みんな幸せ

決めたその人を真っ直ぐに 愛し続ける
特別なこの思いが サムを幸せにする

どんなときも どんなときも
二人歩み続ける限り
出会った奇跡を 忘れないで 抱き続ける
そしていつも あなたを愛し
二人笑い続けるために 素直な気持ちを大切にしたい!


サムのあだ名の由来 侍(サムライ)に似ているから?
全然 似ていない 意味がさっぱり分からない
照れ屋で帽子が似合う ミスチル好きな女の子
偶然な出会いだけど なぜか気になった丸坊主

新居に遊びに行ったとき 振舞われるのは
冷やしトマト 丸かじり だけどメッチャ美味い

10年後も 50年後も
二人の記念日はいつでも
僕らどこにいても 駆けつけるよ 笑顔に会いに
繋がる絆 時代を越えて
夏の夜空にきらめく星
「明星いつまでも」 愛言葉は一つ

どんなときも どんなときも
輝くダイヤモンドよりも
サムと亮の愛が 照らしている 二人の未来
そんなサムと そんな亮が
出会えたことに 贈る言葉
「おめでとう」「ありがとう」 二人よ いつまでも

『ダーウィンの悪夢』

"Darwin's Nightmare"(英題)を観ましたよ。
自宅のDVDで!!!

これは衝撃作だ。

アフリカ・タンザニアで現在起きている悲劇が映されている。
「厳しい」という言葉では生ぬるい「絶望的な」現実があった。
正直、ちびりそうだった。びびった。憤った。罵った。祈った。
恐ろしすぎて、臆病な今の僕には祈ることしか出来ない。

以下に、映画の内容と感じたことの一部を記そうと思う。
この映像の力は観ないとどうせ分からないからネタバレとか気にする必要ない。
これはタンザニアにあるヴィクトリア湖を巡る話。
この世界最大級の湖には、「ナイルパーチ」というドでかい魚がいる。
僅か数十年で巨大な湖の生態系を破壊しつくした1メートル以上もある肉食魚。
見た目も凶暴性もブラックバスを十倍にしたような魚。
この魚を巡る利権がタンザニアを支配している。

簡単に言えばナイルパーチの白身は大金になる。
何しろ、一匹から取れる切り身の量がハンパないから。

クロコダイルも生息するヴィクトリア湖で水に潜って魚(ナイルパーチ)を網に追い込むのは黒人。
湖のほとりに大きな工場を建てて、魚肉加工の為の完全な衛生設備を作ったのは白人。
その工場でコントラストが際立つ白衣に身を包んで、魚を加工して綺麗な切り身を輸出用の箱に詰めるのは黒人。
少なくとも一日500トンに及ぶ魚をヨーロッパ、日本に輸出して莫大な利益を得るのは白人。
肉を削がれた後の、蛆虫とハエとアンモニアにまみれた魚の残骸を食べるのは黒人。
加工された魚を満載して、運び飛び立つ飛行機のパイロットは白人。
パイロット“達”の愛人はタンザニアの健気な黒人女性。

ヨーロッパからの飛行機は“空”で来て、魚を乗せて帰る。
その“空”のはずの飛行機には尖った鉛の弾丸、武器、爆薬が。
どれだけ貧困が激しくても、市場には食糧が並ぶ。
しかし、それを買うことの出来る貧困層など存在しない。
国連を通じて援助物資が送られる。
それですら利益を上げるのは先進国。
皮肉にも、ナイルパーチが他の魚を食べまくって丸々と太っていく姿が、
アフリカと北の関係を象徴しているようだった。

もちろん、ナイルパーチには何の罪もない。

亮’s ウェディング Song

普通のギター少年 窓際のクラスメイト
春風のような さわやかな奴
嘘やずるさが嫌いで 真っ直ぐな男
そんな亮に出会えて 僕ら幸せ

その笑い声は高らかに まるでオーケストラ
その唄声はパンクロック だけど優しんだ
決めたその人を 真っ直ぐ愛し揺るがぬ男
そんな君に出会った サムも幸せ

そんな日々の中には 泣いたこともあった
一つ一つ乗り越える 簡単ではないけど
ただ誠実に ただ一筋に
今日という日を迎えた 二人おめでとう

運命めいた出会いではなく
順風満帆の恋じゃなく
当たり前の ありきたりの 特別な思いやりが
続いてく 育ってく 全てを包んでゆく

繋いだ心が一つになる
その瞬間も 明日も いつまでも
未来のジグソーパズルを埋めてゆく

亮とサムに出会えてよかった
サムと亮が出会えてよかった
喜びで瞳が潤んでくる
寂しさも不安もにじんでく
目の前の明るい星を僕ら追いかける

ラララ・・・・

ガクモン

学問の尻尾に少し触れることが出来た気がしたのは卒論書いてる時だった。
金融のゼミだったけど、タイトルは「貧困撲滅のためのマイクロ・ファイナンス」にした。
第一章はそもそも貧困とはどのように定義すべきかってとこから始まって、
好奇心の赴くままに図書館とパソコンの画面を往復して没頭して書いた。
後にも先にもあれほど自発的に自由に学んだことはない。
学びを勉めて強いられる「勉強」は大嫌いだったけど、学問は熱い。
そう思った。

院試に臨んで、予備校に通ったらやっぱり「勉強」だった。
まいったね。もちろん、自分の心一つなんだけどね。未熟未熟未熟。
無駄無駄無駄無駄。オラオラオラオラ。(By JOJO)
オラ未熟努力無駄オラ未熟努力無駄オラ未熟努力無駄。
(^^;;;

7月に開発スクール落ちて、
8月に研究計画書で完全に行き詰まり、
その月末に試験時間を間違えて東大落ちて。
今月は名古屋大学に臨む、これがほぼ最後のチャンス。

8月に整合性を見失った研究計画書はまだ完成してないし、
答えも見つからないままに提出したから研究計画は“無い”。
19日の論述試験は3題の中から1問を選んで論述。
出題傾向から見れば、
(1)経済開発
(2)農村・地域開発
(3)教育開発
から各1題の出題だから、それぞれの対策をして、当日は書き易そうな問題を選べばいい。

で、自身の現状は(1)経済開発が専門なんだけど、開発学の中でも最も歴史のある分野だからオレの知識と経験では難しい問題が出題されると対応できない可能性アリ。
だから、農村開発と教育開発については付け焼刃でも準備をしなくては☆

まずは、農村開発の歴史・概観・定義を押さえる。
次に、現状として先進各国の取り組みや途上国の取り組み、どんなプロジェクト(開発の最小単位はプロジェクトと言います)がされているのかを調べる。
それと同時並行で、現状に対する課題や問題点を政策レベルからプロジェクトレベルまで整理して、
最後に、それらに対する解決策(で現実性のあるもの)を調べる、と言う順番になります。
上記に加えて、他の分野(環境、ジェンダー、ガバナンス、市民参加、水資源、エネルギー、などなど)との関連も押さえられるだけ押さえる。

教育開発に関しても同じようにまとめる。

気が遠くなるような作業だ。

論述技術そのものも身に着けないといけない。
名古屋大学が落ちた時を想定して早稲田大の出願準備もしないと。

気が遠くなってきた…。

状況は厳しい。
楽観出来る要素はどこにもない。
でも、挑戦者だから前に進まなきゃいけないし、
しかもがむしゃらなスピードで走らないといけない。

序章:出会いは小説のように奇なり

人生は旅の如く。
されど、日常という部屋の中では時間が足早に過ぎてゆく。
振り返れば、誰の人生もひと時の旅。
旅の扉を開けて、人生の旅を感じようか。

ガチャ……。
キー、ギギギ…。
…バタンッ。

雑踏の中。街の喧騒。人々の足音。
そこに、突然古代から取り残されたように在る大樹の陰。
(腹が…空っぽで、もう、死ぬ…な…)
(やっと、日本語…覚えたん…だが…)

「せっかく生まれてきたんだ、死ぬこたーねーでやんしょ。」
と、胡散臭い声が耳元で響いた。
「ほら、起きるでやんすよ。」
(…誰?)
「ここに握り飯と麦茶置いておくでやんす。」
軽いノイズのような声の主はうずくまっている若者にそう言って立ち去ろうとした。
「ちょ、ちょ待てよ(ホリ風ではない)。…いや、待って下さい。」
若者は顔を上げ、去り行く男(年齢不詳)に手を伸ばした。
「何でやんすか?待つこともにゃいでしょーよ。あっしはこれで。」
「せめてお名前だけでも。」
「あしには名前なんてもんはにゃいでやんすよ。必要がないでやんす。」
すると、男はおもむろに自分の置いたお握りを一つ手に取った。
「いいから食べるでやんす。ちみの表情には栄養失調と脱水症状が浮かんでるでやんす。」
(難しい日本語分からない…。でもありがたい。)
不思議とあたりからは人や車の気配が消え去っていた。

「私の名前は劉備と申します。」
お握りを麦茶で流し込んだ若者は襟を正して話し出した。
「ふ~ん。中国の方でやんすか?」
男はひょろっとした体にひょろっとした服を着流し、
ひょろっとしたヒゲを気にするように触っていた。
「あ、はい。多分そうだと思います。」
「ふ~ん。そっかそっか。君はあれだね。好青年でやんすね。」
男は意外そうに若者の瞳を見つめて言った。
「あざ~っす。いや、ありがとうございます。」
「でもね。ちみはバカでやんすよ。悲しいほどに。」男は視線を遠くに移した。
辺りはくるぶしほどの高さの雑草が生えた原っぱになっていた。
「私はバカでしょうか。」
「悲しいかな、そうでやんす。」
「では、それはなぜでしょうか。」青年の顔に怒りや戸惑いはない。
「この世に生まれてきた以上、あしにもちみにも約束事がある。」
青年は男の決して美しくはない顔を見つめて次の言葉を待っている。
「良く生きること。それすなわち無様に死なないことでやんす。」
「Don't you think so? そう思わないでやんすか?」
男はルーのウザさも兼ね備えていた。
「申し訳ありませんでした。確かに、私は絶望に負けていたようです。」
青年の瞳はあくまでもまっすぐで、赤みがかってきた太陽に輝いている。
「あやまるこた~ないでやんす。あしの人生もまたかりそめの遊戯でやんしょう。」
「いえ、あなたは私の命の恩人です。」
男は飛んできた赤とんぼを目で追ったついでに青年を見てかぶりをふった。
「ちみとの出会いがあしのキャンバスを彩ってくれたんでやんすよ。」
「じゃあ、たっしゃでね。さよおならでやんす。」飄々と男は身を翻した。
その時、青年はガバと跳ね上がり、両手両膝とおでこをその地に着けた。
「私を供に連れて下さい。」
それを見た男は引き笑いを高らかに響かせて、「ええよ。」と言った。

この物語が国際開発学の体裁を成していくにはもう少し掛かるとさ。
カウンター
  • 累計:

Twitter始めました。
最新コメント
月別アーカイブ
ギャラリー
  • 絵画でティーな午後~真友たちの贈り物~
  • 絵画でティーな午後~真友たちの贈り物~
  • 絵画でティーな午後~真友たちの贈り物~
  • 音楽に融けてく。
  • 夏の終わりに思い出すこと。
  • イイタイコト2011
最高の芸人「エレ片」のラジオ
by PODCAST-BP
  • ライブドアブログ