ユッスーの日々

挫折と挑戦の二重らせんの日々を綴るユッスーのブログ。

新年と信念

『新年と信念』
文:浅田光義
どんなに優しく触れたって
まだ瘡蓋(かさぶた)も張ってなきゃ痛いな
それが心なら夜中までジンジンする
大人になって久しく経って
あの頃のもつれた悩みは解けたけれど
手元に残ったのは、いやいやどうして、
シンプルな問題児だ

2012年は世界中の元首がばたばた変わり
混沌の後に新しい秩序を呼ぶだろう
この脳細胞もいっそ総選挙を開いて
新しい元首を選び出せたらいい
大地はこんなにも広いのに
どうしようもなく固くて固くて
軟な爪先が刺さるような場所はどこにもない

直線の輪郭がやたら多いこの街で
どうしたら真っ直ぐに歩けるだろう
無駄なことに時間を使ってるから
無理なことばかりの路地に迷う
嫌になるくらい正確な因果の中で
この難局を未来に塗り替える戦略を立てる

誰かの魂が籠められた音楽を
ボリュームの限界で注ぎ込む
明らかに曲がるはずない方向に
右肘も左足も折れてるように見えるだろう
それでも立ち上がり折れた筆を揮う
ボロボロの設計図を胸にしまって

目の前にあるような幸せをさ
今は受け取れないって時だってある
肩掛けのバッグには大切なものが
少しだけ残ってるはずなんだ
それは確かめなくてもいいはずなんだ
心からの笑いがきっとそこにあるはずなんだ

この散らかった言葉を紡ぐものは
落ち着いて考えてみるとこういうものだろう
失い続けてる人生への反省と
希望のかけらを拾い集める作業
漸進的かつ平和的な革命への覚悟

自転車に空気を入れることから始めよう
ひと手間かけた食事から始めよう
お気に入りのBGM選びから始めよう
目覚ましをセットすることから始めよう
うがいや手洗いから始めよう
両親への手紙から始めよう
新聞を読むことから始めよう
アイロンをかけることから始めよう
始めたことを続けることから始めよう
バックミラーを直すところから始めよう
靴ひもを結び直すことから始めよう
自分だけの占いを信じることから始めよう
明日出来ることを今日始めよう
鏡の前で思いっきり笑うことから始めよう
世界に謙虚に嘯(うそぶ)くことから始めよう
止めることを躊躇うことから始めよう
それでも前に進むことから始めよう  

本年もどうぞ宜しくお願い申し上げますm(-_-)m 

無題の詩

うだつの上がらない自分とか川村とか上島とか、
その他、大勢の負け犬(男の八割)に、今年最低のクオリティで贈る詩。

 
『            』
詩:浅田光義
家を出てすぐに学校へ向かう道は
木枯らしと冬の淡い陽射しが交差してる
空気圧の弱い自転車はゆっくりと僕を運ぶ
 漕いでもさ漕いでもさ前向きな気持ちってやつはさ、
鳴らない携帯と一緒にワンルームに忘れてきたみたいだ

太陽が出ている時間は苦手
根本的な孤独感をいやおうなしに浮かび上がらせるから
思い出し笑いの過去も、未だ夢見てる未来も、
過ぎ去ったり、未だ来るかどうかも分からないって、
この澄んだ空気よりも軽い存在感の中で僕をからかう

あの暑苦しい己の叫びも、
忘れてなんてない。
元々形無いものを追いかけてきた十数年間。
感傷的な季節に風邪を引いた今日という日々。 

たまにこんな手触りのない薄幸感で
このうすら寒さをお歳暮に包んでみたり、
些細な同情を買ってみようと小銭を数えたり。
そういう感じでちぎれそうな言葉の糸は
このあたりで奔流へ巻き込まれていく

このらしくないクラウチングスタートは
世界中の潜在的な親友たちへの暁鐘なんだよ
薄っぺらなスクリーンに映ることのない星々
本物になれないと嘆いては道化師のふりをしたりしながら、
ぎりぎりで人生の意味を示す不格好な支点。
力点に思いっきり、思いっきり、思いっきり、
君が蓄えた力を僕が放ってみせる。
次の刹那には時空も世間も突き抜けるような作用点 の輝き。
それは消えることのない濃いオレンジの光 

いぶし銀のような次の一手は
24時間眠らずにもがくような奴に似合う
どろっどろの泥の中で虎視眈々と
どろっどろの泥仕合を仕掛けよう
相手はやっぱり大きすぎるから、
傍から見れば相変わらずの大道芸

本当は俺は知ってるよ。
不名誉なレッテルすらも忘れ去られた、
そんな町はずれの路地裏に、
歴史を動かす熱が眠ることを。
寝た子を起こすよ。 
格好悪い祭りが始まるよ。
終わらない歴史の狭間のストーリー 。

三十路の階段をまた一歩上って、今思う。

何か月ぶりかの更新になりました。
ユッスーこと浅田光義です。

今日はゼミでプレゼンがあったんですよ。
9月半ばで未だにリサーチプロポーザルを書いている私。
皆さん、呆れ顔。
そして、そんな視線にもなれた今日この頃。 
ともあれ、今日のプレゼンでは、
相変わらずのダメ出しがありまして、なかなかGOサインが出ないのですが、
いろいろとアイディアを頂き、ほんの少しだけ光が見えてきました。

昨日までは本当に死にそうなほど辛かったです。
今日はそれよりほんの少しマシです。
実は、この修士論文を書くという作業は、
人生の中で(人間関係のこじれを除いて)、最大の困難です。
本当にきつい。。。
まぁ、根がいい加減なんで、緻密な理論を積み上げる作業が苦手です。
だから、繰り返しますが、本当に本当に超つらい。

でも、、、
この超きつい状況にどっぷり苦しみながら、
心のどこかで、困難にぶち当たっている自分はラッキーだなと思っています。
マジでドM的であり、サイヤ人的な発想です。
この残酷なほどに冷徹で堅く重い壁を、
ぶち壊して前に進むことが出来たら、
その瞬間はどれほど気持ちよかろうか。
そして、その感動はすぐに忘れてしまうに違いなくとも、
いつか、その経験が自分の心の土台を強化しているという想像。

まだまだ道のりは厳しい修論です。
来年まで苦しみます。
でも、そんな人生の一ページは悪くないな~と思うのです。

実際、
今日、プレゼン終わって、
ちょっとだけ(ほんのちょっとだけ)気持ちが楽になったら、
もう既に、人生に対する虚無感に襲われ出しました。。。
いかんいかん。

人生で絶対に欲しくないもの。
大金、楽な仕事、過度の自由。

以上、まもなく31歳、ユッスーこと浅田光義でした。


僕の和やかさとはとかけ離れた名古屋の日々

お久しぶりです。
ユッスーもしくはBKこと浅田です。

名古屋に戻ってから、
1ヶ月が過ぎました。

毎日が修士論文の為に費やされる日々です。

修士論文は映画を撮る作業に段取りが似てる気がします。
なんで、( )の中に、映画撮影の用語を入れて流れをおっていきますね☆

書きたい(撮りたい)ことテーマを決めて、
研究の手法(ストーリー・脚本)を考えます。
先行研究(過去作)を調べつくして、
オリジナリティーがあるということを確信してから、
研究計画書(映画の企画書)を上げます。

それに沿って、
フィールド(ロケ地)を決め、
研究対象者(出演者)を決めて、
調査(撮影)を行い、
データを分析(編集)して、
結論(エンディング)を導き出します。

このように、
地道な作業がほとんどですが、
研究手法というか、データを分析し、
自説を証明する理論に関しては、
既存のものの中から自分の研究に合いそうなものを見つける作業は、
経験の浅い僕にはちょっとしたひらめきも必要になります。

とにかく、大変です。
本当にしんどい。

でも、頑張るしかない。

そんな僕に勇気をくれるのは、
僕を応援してくれる人と、
比べ物にならないくらいの苛酷で悲惨な震災から、
立ち上がろうと頑張っている東北の人々の存在です。

俺も日本人として、
今、この時に、精一杯、
頑張るよ。

最後に、尊敬するアーティスト氷室京介の、
映像(今回の震災に向けた新曲含む)を紹介します☆

僕を奮い立たせる言葉

ども!!
日本の水で下痢が止まらないユッスーこと浅田光義です!!
アフリカの村の井戸水には慣れたのに。。。

さて、
今日は、
そんな僕に切り開くべき道を指し示す言葉を紹介します。

まずは、ロシアの大文豪トルストイ。
 戦いに勝つのは、
 必ず勝とうと
 堅く決心した者だ

そして、イタリアの詩聖ダンテ。
 尊敬によって
 つくられた友情が、
 真実で完全で永続的である

もう一人の大詩人、ドイツのゲーテ。
 誠実さと信念だけが
 人間を価値あるものにする

イタリアに戻り、ルネサンスの巨匠ダ・ヴィンチ
 幸運は、
 みずから努力する人のみ宿る

フランスに行きまして、思想家であり小説家でもあるルソー
 生きること、
 それは呼吸することではない。
 活動することだ。

アメリカに渡り、哲人と言える思想家のエマソン
 真面目で楽しい語らいが、
 私たちの力を
 2倍にすることは、
 まちがいない

お隣、中国の革命作家の魯迅
 後ろを振り向く必要はない。
 前途に
 まだまだ道はあるからだ。

最後に、明治維新の教育者、吉田松陰
 志ある人物は必ず
 志を同じゅうする友があり、
 師を同じゅうする朋がある

世界中の偉人に励まされて、
僕の三十路はいよいよ険峻にさしかかる。
登攀するぜ~~~~~~~!!!!!!!

ついでに、いい感じでテンパってる僕の心の短歌を添えてみます☆

世は乱れ 我が身を守る 楯もなし 無数の傷に 我が瞳は覚める
惜別は 数限りなし 道半ば ただ目指すのは 険なる頂き

セネガルに感謝!!

ども、お久しぶりです!!
3月22日に無事に帰国しました。
ユッスーこと浅田でございます。
典型的な逆カルチャーショックで、
日本社会にテンションが上がらない日々を過ごしております(^^;;;
日本食、日本米、吉野家、寿司・・・・・・、ま~確かに美味しいんですが。
それがど~した!!!って感じは否めませんね(-_-;;;
でも、もちろん気合いは入れていきます。
平和構築のプロフェッショナルになるべく、
今年は相変わらず非常に重要な一年になりそうです。
で、タイトルですが、
本当にセネガル生活は人生で一番充実した幸せな時でした。
いろんな人に感謝感謝です。
とくに、僕を温かく迎えてくれたセネガルに感謝!!
そんな思いを込めて、
以前、僕が書いたI love Senegal的な詩を載せます。


セネガルが好き


セネガルの朝が好き

空気は束の間にひんやりと澄み渡り

小鳥は合唱祭を控えた子どものようにさえずり

草木は朝露を光の中に差し出す

向かいのお母さんは庭の掃き掃除

隣のお母さんはマルセに行くためにおめかし

近所のやんちゃ坊主は今日も元気

てくてく歩く女の子はとっても可愛くて

タリベたちは人懐っこい眼差しでついてくる

 

セネガルの昼が好き

遠慮のない陽射しと砂道の照り返し

木陰の涼しさと乾いた風の爽やかさ

チェブジェンを炊く素敵な匂いと炭の香り

目が合うだけで食事に誘ってくれる人々

輪になって分け合う昼ご飯の美味しさ

アタイヤを飲んでけと差し出される右手

ペンチでひねもすまったりとおじいちゃん

穏やかに過ぎてゆく温かな時間

 

セネガルの夕暮れが好き

地平線に沈んでゆくオレンジの太陽

野良仕事を終えた村人の笑顔と額の汗

一緒に帰ってきた牛とロバの健気な瞳

また明日来てねと手を振る村の子ども

心地よい疲れともう汗の乾いたシャツ

帰り道の脇で交わす挨拶と握手

胸に沁みこんでくる大きな優しさ


セネガルの夜が好き

夕飯時なのに容赦のない停電と

暗くなって輝きを増すミルキーウェイ

星明かりにいななく呑気な馬とロバ

散歩すれば懐中電灯に驚くヤギと羊

体力の限りに遊んでる子どもたちと

飽きることもなくワフタンの大人たち

ローソクの灯りで涼む庭先で

思い出すのは今日の思い出

 

セネガルのおばあさんが好き

いっつも僕を見守ってくれるから好き

セネガルのおじいさんが好き

働き者のごわごわの手だから好き

セネガルのおばさんが好き

子どもを叱る真剣な愛情が好き

セネガルのおじさんが好き

他愛もない冗談ばかりだから好き

セネガルの女の子が好き

はにかみ屋だけど笑顔が大きいから好き

セネガルの男の子が好き

けんかしてもすぐ仲直りするから好き

セネガルの人々が好き

でたらめで愉快なそのすべてが好き

セネガルが好き

本当に心から好きだから、

もう理由なんて一つもいらない


I Love Music and Peace, BUT...

前回の日記について、
いつも冷静沈着な好青年である同居人のKOHEIさんから、
「なんで、いまこの記事を引っ張り出してきたの?」
と問われてみれば、確かに、なぜ?
アフリカにいるのに、アジアの記事。
しかも、1月に原爆の記事。
深い意味は無いんですが、あえてこじつけるなら、
広島・長崎平和展の開催がここセネガルで近づいているということでしょうか。
はい、本当にこじつけです。
申し遅れましたが、ユッスーこと浅田でございます。

タイトルに関してですが、
いつも音楽をipodで聴いてるんですが、
それが1日5時間くらい聴いてまして、
要は移動中も仕事中(草刈りなど)も、
ずっとなんですよ。
そして、問題としては、
イヤホンをすぐにぶっ壊してしまうということ。
ちょっとした拍子にコードが何かに引っかかって断線しちゃうんですね~。
間もなく2年間というセネガル生活で壊したイヤホンの数。
さっきなんとなく数えたら覚えているだけで8個壊してます。
そして今日、2個購入。
こいつらが日本に無事到着できることを祈ってます。

さて、ちょっとTwitterにもつぶやきましたが、
peaceに関して、ちょっと、いやかなりショックなことがありました。
いつもお世話になっているセネガル人家族の家で、
家庭内暴力があったんですよ。
以下、twitterからコピペしますけど、
妊娠している奥さんが産婦人科に処方された薬を買うために
旦那の財布からお金を抜き取ったのが発端で、
旦那が身重の奥さんを殴った。。。
超優しい人なのにそんなことをするなんて、信じられないし、許せない。

ということなんです。

人を殴るってのは最低です(BOXINGは除く)。
特に女性を殴る男はゴミです(女性がボクサーで一般男性とボクシングのスパーリングをする場合を除く)。
この場合、奥さんはボクシングやってないですから、
旦那は最低です。
もう、すごい幻滅してしまった。
普段めちゃくちゃ気の強い奥さんが、
僕に話しながら涙を流したのに胸が痛んだ。。。
彼女から聞いたとは言えないので、
彼に「ハディ(奥さん)が今日元気ないみたいだけど、何かあったの?」と、
それとなく聞いてみたら、
「ハディは俺の財布から金を抜き取った。だから喧嘩した。」とあっさり話す彼。
殴ったことは俺には言わない。
この外道め!!!と思いつつ、
でも、本当に2年間ずっと優しい人だったから、
なんとか反省して謝罪して二度と手を出さないと言ってもらわなくては。
でも、その時は向こうが仕事で時間切れ。
次会ったとき、散歩にでも誘い出して話そうと思う。
彼の仕事がここ数か月うまくいってないことは薄々気づいていたから、
大黒柱なのにその役割を果たせなくなってきてる自分への焦りといらだちもあったんだろう。

でも、暴力はいけない。
まして、妊婦を殴るなんて。
原爆落とすくらいいけないことだ。
対人地雷を敷くくらい卑怯で残酷だ。

いろいろ重なって、キレてしまったとはいえ、
暴力をふるった彼への信頼は激減した。
けど、見捨てないで、ふんばることが、
奥さんの為にもなるかな。
なんで、対話、頑張ろう。

様々な悩みがある人間社会。
快刀乱麻を断つなんてことは奇跡でも無い限りムリムリ。
特に、優しい人やいい人や(力の)弱い人が悩み苦しまないように、
さほど、いい人でもなく弱くもないわたくしは奮闘するぞ。

では、おやすみなさい(時刻は深夜2時25分)☆
カウンター
  • 累計:

Twitter始めました。
最新コメント
月別アーカイブ
ギャラリー
  • 絵画でティーな午後~真友たちの贈り物~
  • 絵画でティーな午後~真友たちの贈り物~
  • 絵画でティーな午後~真友たちの贈り物~
  • 音楽に融けてく。
  • 夏の終わりに思い出すこと。
  • イイタイコト2011
最高の芸人「エレ片」のラジオ
by PODCAST-BP
  • ライブドアブログ