今さっきまで、1時間以上かけて書いた
「英語学習を挫折させるワナ」についての記事が消えてしまった。
保存ボタンを押してから、記事の確認画面を見て、
あ、カテゴリ選んでね~やと思って、戻るボタンを押したら、
「エラー」ですよ。
ブラウザの戻るで戻ったらそこには純白の記事が。

今度こそ完全版にしようとの意気込みで書いていたので、
書き直す気力が……ない。

気力復活を待っていると内容を忘れそうなので、
ポイントだけ公開(後悔と共に)します。

語学学習(特に英語)を挫折させるワナを重要だと思われる順に挙げます。
1.目的がハッキリしていない。
2.期間・ペースがハッキリしていない。
3.必要性を十分に認識できていない。(優先順位が低すぎる)
4.自分の実力を認識できていない。(英語苦手意識からくる過小評価)
5.英語の全体像を把握できていない。
6.自分で選んだ単語帳や参考書をやりきらない。
-----------------------------------------------------------------------
ランク外:勉強法が間違っている。

以上で、非常に重要なのは1と2です。
3~6は一度納得してもらえればワナにはかからないと思います。
ランク外に関しては、より良い勉強法を探していこうって気持ちは大事ですが、
今の勉強法がしんどいからといって他の勉強法に変えてみようってのはそれこそ間違いです。

さっき、消えた記事では日本に住むインド人の少年が、よく遊び・よく食べ・よく寝ながら、
日本語・英語・ヒンディー語(要はインド語)を話すことが出来て、
さらにサンスクリット語(インドの伝統的な言語)も学び、
中国語・韓国語も身につけようとしているという話を紹介しました。
でも、その少年は特別な天才とかでは全く無く、同級生もみんな同じような状況で、
もちろん数学やコンピュータも出来るんだろうなって話も書いてました。
要は、自分で自分に限界を作らなければ、何ヶ国語でもどんな学問でも
身に着くということを学びましたよって話です。

それと、1.目的がハッキリしていないに関してはかなり詳しく説明してあったんだけどな~~~!!!まぁ、そう言ってても仕方が無いですな。
次回、1~6まで説明させていただきますね(特に1と2は詳しく)☆
(内容・時期に)期待しないで待っててくだされ!!