それでいい
言葉:Youssou
「死にたい」なんて言うからさ、
慌てて「自殺は絶対ダメだぞ」って言った。
そしたら「正論いうなよ」って呆れられた。
その眼は「何にも分かってないな」って言ってた。
死にたいなんて言うやつの気持ちが分かってたまるか。
お前が死んだら俺は悲しいじゃないか。
死ぬな。苦悩を突き抜けろ!

「頑張れ」

本気の「頑張れ」はいつだってタブーじゃない。
心と心の友情があれば、
誰も自ら死にたいなんて思わなくていい。
かける言葉が見つからないとき、
なんでもいいから、叫んだらいいと思う。
自分が思うままに誠実に気持ちをぶつければ、
どんなときでも、
シンプルに、
迷わずに、
それでいい。

頑張らなくてはどこにも行けないこの世界。
頑張ればどこにでも行けるこの世界。
理不尽な艱難はあれど、
それぞれがそれぞれにつまづきながら前に進む。
歩くスピードは速い方が良いけど、
自分なりにベストを尽くせば、
それがどんだけ速くても、
それがどんだけ遅くても、
それが自分にベストなスピードなんだろう。
スローライフもラッシュアワーも、
勝手に選んで楽しめば、
それでいい。
そう思う。

失敗のない人生なんてあるのかな?
後悔のない人生なんてある訳ない!
取り戻せないからこそ、過去。
予約できないからこそ、未来。
一瞬で過ぎ去るからこそ、今。
自他共に認めるいい加減な僕です。
だからこそ、
負けられない戦いがある。
でも、そういうのにもしばしば負ける。
やっぱり、勝たなきゃいけないとこは勝たなきゃだって、
痛いほど実感する。
血を流して、化膿したら、
痛みをこらえて押し出してこそ、快復の明日。
もっと強くなるよ。
こんな感じで、
力んで、まただれて、
もう一度、気合い入れる。
自信はないけど、
多分おそらく、
それでいい。

肝心なことほど、
答えが出ないままに、
一瞬一瞬が回答の刻。
連続不正解の中で、
偶然のひらめきに出会う。
知らない街を散歩して、
ふいに出逢う景色。
懐かしいような、
そうじゃないような、
心を惹かれる風景。
話したこともない人たちの交差点。
生活の息づく町外れの群像。
何一つまとまらないままに、
筆は進むけど、
まあそんな日もあるよね。
大切な問いは、
いつも胸の中に。
何が大切かを問い続ける旅。
この場所は間違ってない。
そう決めた。
迷うだろうが、
迷うな、俺。
浅はかでも、
面倒でも、
手紙を書き続けるから。
それでいいよね。
うん、それでいい。
三通目


PS.ちなみに冒頭のくだりは、僕や僕の友達に関する話じゃありません。ある知人から聞いた話が元になってたりします。