ユッスーの日々

挫折と挑戦の二重らせんの日々を綴るユッスーのブログ。

友情

絵画でティーな午後~真友たちの贈り物~

過ちをそれと気づき、
ためらいつつも、ちゃんと正すこと。
それ、ユッスーの資質なり。 


間違いだらけです。
なので、せめて反省して改めねば!

子どもの時、
あんまりにも腕白だったので、
「ユッスーの周りにいると怪我をする。」
これが定説でした。笑
大人になっても。
調子に乗って、
結果的に相手を傷つけてしまうことが、
度々ありました。
笑いにならなかった言葉のナイフとか、
相手の思いに気づかなかったりとか。
深く反省。

さて、
タイトルですが。
まずはチャイ画伯から、
35歳の誕生日ということで
贈られた絵画です。

手持ちのカメラがしょぼすぎるので、実際の魅力は全然届かないのですが、
IMG_0988


ディテールが描きこまれています。
IMG_0987

将来、絵画のある家に住みたいというのは、
僕の漠然とした希望でしたが、叶いました(^______^

チャイ君の画風はすごく面白いんですよ。
多分、初めて書いた絵を最初に見せてもらったのが僕で、
それを手放しで激賞したことを覚えています。
なんともいえないチャイの頭の中を表現したような。
むちゃくちゃに並べられたカラフルなドミノだけど、
どこかチャイの知る一枚を倒すと、
全てのピースが綺麗に倒れるんじゃないかというような。
それを探したいような気持にさせられる絵です☆
また、誰の影響も受けてない感じがすごい。
僕が中高生で描いた絵は、ほとんどゴッホのまね。笑
水彩絵の具を水に溶かさず、指で塗ってました。そして、はい、下手でした。

ともあれ、オリジナルというのは、
どうしてこうも心にグッとくるのでしょうね。
チャイはオリジナル。
変わった男です。
そして、異常に友情に熱い。
僕よりも友情に熱いんじゃないかと、
思ってしまうことがある人は、
世界でチャイだけですね。
チャイの直筆でガチのメッセージとか、
見たらビックリしますよ。
この人は、やはりすごい。
今も既にすごいけど、
全然、これから。
チャイという男が大成することに、
ユッスーは魂ごと懸けてます。
何の疑いもなく。
ただ、真友なんで、
運命を共にしているという、
緊張感だけは持ってます(^^

そんな話を(一人で)しながら、
飲んでいるのは、グレープフルーツティ。
後輩の女の子から、誕生日に頂きました。
これも、すこぶる、美味しい(^____^
センスのいい親友がいるということは、
有難いことです☆彡

そして、それを頂くために使ってみたのが、
リサにもらったTea infuser。
要は、ティーバックの代わりになるいいやつ。です。

IMG_0986

まず、色!!!
グリーン!!!
はい、これ、基本!!!
正解!!!せいかーーーーい!!!
…ちょっと取り乱しました。
みなさん、揃ってグリーンなグッズを贈ってくださいまして、
緑は飽きないな~癒されるな~好きだな~と思う日々です。
また、この花のデザインもイイですね☆
lotus感あふれてますね~

ともあれ、
リサは、僕とチャイのことを、
すごく大事に思っていてくれて、
こういう、素敵な北欧グッズも、
度々、お土産としてくれるのです。
うん、でも、
やっぱリサとなると、
土産のモノは、ほんの1mmで、
土産話的に、その活躍の一端を聞かせてくれることが、
すごく、僕らの励みと誇りですね。

「リサはすごい。」

コレ何度、チャイとの会話で出てきた言葉か。
僕とチャイが束になっても敵わない。
そういう、天性の輝き(リーダーシップ)と、
後天的な努力の積み重ねがある人です。
リサがいつかどんな世界的な賞を取っても、
まったく驚かないです。
リサは深く話せば話すほど、
この人やばい!!ってなりますので、
是非、機会があったら、
深い話に引きずり込んでくださいね!!笑
ちなみにそれ、ユッスーは怖くてできない。(^_____^


結論、
チャイとリサは特別すぎる。

今回のブログ、私信的すぎる。

人と人との繋がりを大切にしたい。

中国の政治情勢(格差)や権力闘争(共産党vs海軍vs空軍)と、
日本の外交下手の安倍政権と、双方のネット世論とマスメディア、
そんなものに振り回されて、
助け合うべき理解し合うべき隣国との関係がどんどん悪くなっていて、
普通の人まで釣られていますね。
とても残念です。

僕は中国人の友達が何人かいます。
めちゃくちゃ良い奴です。
だから、釣られない。

10億人もいれば、合う人も、合わない人もいるでしょう。
一番怖いのは、「中国」とか「中国人」とかいう記号で一括りにして、
見下したり、嫌ったり、勘違いすることです。

「中国人が嫌い」なんてのは、「人間が嫌い」「生物が嫌い」というくらい、ナンセンスな話なんだと思います。

韓国もまたしかり。

余り機会は多くないけれど、
探せばいくらでも見つかる。
それがお隣さんだから。
僕はセネガル人の友達が沢山いて、
セネガルが大好きですが、
セネガルと接する機会なんて本当に少ない。
アジアはずっと恵まれてる。
個別の友情を築きながら、
中国とも韓国とも台湾ともインドともフィリピンとも北朝鮮とも仲良くしていけたらいい。
別に各国の政府を好きにならなくていいでしょう。
僕なんて日本人なのにいまの安倍政権は好きじゃないですもん。

「日本人」と一括りにされて、
まだ出会ってもいない人から嫌われるなんて悲しいこと。

昔、ポプラの木にはポプラの葉って歌がありました。

多分、僕の書いてること、
小学生なら当たり前のように分かってること。
大人になって、分からなくなってるとしたら、
本当に残念。

そう思う、今日この頃でした。

僕が求めているもの

友情と言うカテゴリーで日記を書くのはいつぶりでしょうかね?
今夜は、プティ(同居しているセネガル人)と友情について語りまくったので、
ちょっと書いてみたい気分なのです。
あ、申し遅れました。友情の伝道師、ユッスーです。

まずは、一曲聴いてください。
愛を歌った詩です。
つっても、僕には友情の詩に聞こえるのですが。


本当に良い曲だな~~~。
この曲を作り、この曲を歌っている人たち。
少なくとも歌っているその瞬間は、一転の曇りもなく輝いている。
それは、愛の輝きなのか、それとも、友情の輝きなのか。
いや、多分、それは生命自体の輝きなんでしょう。
分かったようなことを言って申し訳ない!

去年。
僕は大きな間違いを犯して、それについて悩み、凹み、絶望しました。
そんな僕を支えてくれた親友たち。君たち。あなた達。お前ら。
その感謝の想いは一生忘れません。

ただ、敢えて今日は僕が本当に求めているものを話したいのです。
僕が望む友情は、真のダイヤモンド。
例え、僕が落ちぶれても、間違えても、落ち込み続けても、発狂してすらも、
一点の曇りも生じない、ダイヤモンドの友情。
駄目駄目な僕を優しく包み、心配してくれる友達には感謝が尽きない。
でも、その裏でほんの少しでも僕に失望するような友情は目指していないのです。
僕は、僕の親友が例えどんなに腐ったとしても、一ミリも変わらない友情を保つことが出来る。
僕が僕の親友を励まして見守っているときには、裏表は全く無い。
少なくとも僕はそういうものを目指し、求めているのです。

というか、僕が誰にでも話し、誇っている地元の親友や真友のチャイとリサは、
そういう友情の中にいるのです。

もっともっとこの友情を拡げたい。
死ぬまで拡げ続けたい。

人と人との絆は、案外もろい。
例えば10年落ち込んでる親友を、
変わらぬ友情で信じて待てる奴が何人いるか。
9割がたの「親友」はどっかでいなくなるでしょう。
でも、僕がいま手にしている友情は10年くらいじゃ絶対に消えない。
11年目には逆転満塁ホームランが出るに決まってる。

僕は、
高校一年生の時に唯一無二の親友と、その仲間達と、
些細なことが原因で離れ離れになった。
あのときの苦しさは今もなお越えない。
その後、出会った地元の「明星メンバー」は、
一ミクロンもの影も無い、友情の金字塔。
そして、大学で切磋琢磨の人生を誓った真友のチャイとリサ。
これも、宇宙一の土台の上にそびえ立つ全てを突き抜けた最高峰の友情。

僕は、今でも、本気で、こういう友情を求めている。
こういう友情以外を認めないなんて思っているわけじゃなくて、
ただ、全ての親友たちと、その高みとその純粋さを求めたいだけ。

心から願う。
僕の本当の本物の親友になってくれ!!!!!!!
想いを寄せる全ての親友たちと、これから出会う親友への希望です。

勲について。

今日は、みんなに新しい親友を紹介したいと思う。
その名も勲(いさお)。
苗字は忘れた。田中だっけ。
まあいいや。

JOCVの同期で、南米のボリビアに派遣されてる。
俺はセネガルでフランス語圏だし、生活班も違った。
要は接点は何もなかった。
187人の同期の中の一人。

でも、わたくしBK。
伊達に趣味・特技「親友作り」と言ってる訳じゃない!
勲に関しては、何となく存在を知ってる段階から、
俺のスタンド(背後霊by JOJO)「ディスカバリーフレンズ(仮称)」がめっちゃ反応してた。
“こいつ男気ある”

そんなある日(駒ヶ根訓練所生活中)、
「アフリカ飲み」とか「生活班飲み」とか「誰でもオッケー飲み」とかあるなかで、
メンバーを俺のスタンド(ディスカバリーフランズ)に選ばせて、
「俺ら一生の友達になろう飲み」を開きました。

メンバーを独断で選ぶ飲みなんてかなり異色な試みだったけど、
俺的にはどうしてもやってみたかった。
その時、「いさお」呼ぼうってなった。
正直、その時まで勲とはちゃんと話したことも無かったんだけど。

で、結局、CK、ヨシ、ホーリー、いさお、九ちゃん、杉ちゃん、へー、
と俺の8人でめっちゃ盛り上がった。
いさおはそこでも抜群に活躍してくれた。

その通称「男飲み」に誘ったけど、都合で来れなかった人もいるし、
「男飲み」の後から仲良くなった奴もいる。
65日という限られた時間の中で、
仲良くなりそびれたダイヤモンドもいたと思う。

でも、生涯の親友が沢山出来て、本当に良かった。

で、勲に戻る。
つっても、勲だけが特別じゃなくて、みんな格別にいい奴。
でも、「男気」と「(性格の)気持ちよさ」でいったら、
同期でもピカ一だと思う(男気に関しては九ちゃんもピカ一)。

なんで、これからSkypeでチャットしてるときとか、
急に勲を参入させることもあると思うけど、
そのときは、宜しく!!

新しい親友紹介コーナー、
次は誰にいこうか検討中☆

PS.今回も活動に関係ない話題でしたが、
今週からようやく重い腰を上げて活動始まってます!!
苗に水とか上げてます(配属は森林局)。
セネガル人の友だち作ってます。
ウォロフ語学んでます。
BKはBKらしく生きてます。

ちょっと泣きそうになった。

今さっき、メールを開いたら、
亮からのマイMixiの追加リクエストが来てた。
高校2年から12年来の親友。
俺の人生における飛車であり角。
理系の大学を成績優秀で卒業したのに、
就職せずに、プロのミュージシャンを目指し、
ライブハウスを中心に素晴らしい燃えるようなステージに青春を燃やし、
「3年で売れなかったらやめる」って有言実行した。
今は、可愛く強い男の子を育てる一児のパパ。
亮は、世界一の笑い声を持つ男。
正義感が強くて、芸術センス抜群。
友達思いの良い奴。
この上なく、いい奴。

そんな亮からのメッセージを見て、
沢山のメッセージを受けて、
崩壊寸前の枯れ果てた涙腺が、
あわやぶっ壊れるところだった。

以下、勝手に転載します。

おぉーやっと見つかったよ!!
あさ、元気かぁ!?
なんかへこんでるみたいだな。
いつでもこっちに戻ってきていいぞ、
あさの帰ってくる場所はちゃんと此処にあるんだから。
まだまだ歩けるんだろ!?
少しずつでいいんだよ、一歩一歩ゆっくり進んでいけば、
そのうち頑張れるときが来るからさぁ。
いつでもこっちとは繋がってるんだから、心配するな。
むしろ心配はしてないぞ。
たまには甘えろ。
俺は寂しいぞ。
頼ってこいこいどーーんとこい。
生きてるだけで、素晴らしい。
笑う犬だ。
んじゃあまた明日。
日本の八王子、森長 亮より愛を込めて。
セネガルあさ頑張れよ~~~~~!!!!!


………。
そんな激励もらったら、死んでも帰れないな。
亮に、みんなに、2年後の成長を約束するよ。

「友情で世界を包む。」

TIFとBFF

昨日"BLOOD DIAMOND"(ブラッド・ダイヤモンド)をDVDで観た。
観た人いる?割と話題作だったんだけどね。
ディカプリオが良い演技してた。いい顔になってきたね。

内容はシエラレオネのダイヤモンドの闇取引と紛争をめぐる物語。
一言でいえば「すごい良い映画」だった。
面白いというには生々しい悲惨さが描写されすぎていたんだけれど、
それですら、現実の悲惨には遠く及ばないものだろうと思った。

映画の中のセリフに、
大佐「TIAだよ。」
主人公「なんすかそれ?」
大佐「これがアフリカってことだ。」
ってのがあった。

This Is Africaの頭文字をとってTIA。
どんな悲惨なことも、紛争ダイヤモンドの存在も、全部ひっくるめてアフリカなんだってこと。
かつては「暗黒の大陸」と言われた場所。
現在~未来にかけて極度の貧困を減らす見通しさえ立たない唯一の地域。
人類発祥の大地。

アフリカの開発が僕の最大の関心だ。
なんで行ったこともないアフリカ?と、自分でも思う。
世界で最も苦しんでいる大陸の(地域で言えばパレスチナ、北朝鮮とかも入るだろう)、
困難と立ち向かい続けてきた勇敢な地位も名誉もない人々と友情を結びたいだけ。
友達が困ってるなら、それに手を差し伸べるのは当たり前でお互い様。
TIAをTIFに変えたいと思ってる。
これが友情だよ(This Is Friendship)。
俺たちはBFF(Best Friends Forever)だ。
アフリカっていってもものすごく広いけれど、
アフリカを知れば知るほど敬愛の念がこみ上げてくる。

アジアの極東の豊かな島国で生まれ、
世界中に友情を築いて、世界のどっかで死ねればいい。
まずは今ここから。


PS.お笑いのTIMの由来はTime Is Money(時は金なり)。

限界

前向きでいれば全ていつかはどうにかなると思っていた。
Positive is almightyと。
前向きである限り、転んでも、立ち止まっても、見失っても、辿り着ける。
心に描いた理想に。
夢に見た真実に。

今。
限界を感じている。
手が届いていた最も大切なものが、離れてゆく。
後退するすべをずっと前に捨ててしまったから、どうにもならない。

僕の中で壊れていく。
希望の旗が泥沼に沈んでいく。
止めようもない。
それが現実。
カウンター
  • 累計:

Twitter始めました。
最新コメント
月別アーカイブ
ギャラリー
  • 絵画でティーな午後~真友たちの贈り物~
  • 絵画でティーな午後~真友たちの贈り物~
  • 絵画でティーな午後~真友たちの贈り物~
  • 音楽に融けてく。
  • 夏の終わりに思い出すこと。
  • イイタイコト2011
最高の芸人「エレ片」のラジオ
by PODCAST-BP
  • ライブドアブログ