ユッスーの日々

挫折と挑戦の二重らせんの日々を綴るユッスーのブログ。

友情

10月13日~愛の詩~

    1013~愛の詩~
                       作詩:明星有志

ただ風の音聴きたくて 高幡 自宅前 いじってる
NSR相棒にして

始めたファミリーマートのバイト 検品 レジ打ち 品出し
毎日をひたむきに

僕のした単純作業で 何気ない出会いが始まる
それを気にしだした女の子 それはピャーポ Come on Happy

鍵開け 合気道 ビートル(カブトムシ) 匠の技術を体得
退屈にさせない毎日が ハリネズミの 隠れた実力


4月29日 笑撃が 君に「好きだ」と伝えたら
“ハリネズミと私”(が始まった)

そうだね 宝くじは外れてばっかさ
だけど君を射止めたから きっと俺ラッキーマン!

山晋と中一の時に 僕らは映画を観ました
今度は貴子と手を繋ぎ 二人だけの物語を

目覚めると隣には君が 日が暮れれば君の「おかえり!」
僕らは何処へでも行けるよ 君を乗せて 地球の果てまで


今日は おめでと~!  今日は ありがと~!


君と出会えた奇跡が 今の僕を作り作って
忙しい日々を送る僕に 笑い声を届けてくれる

たまには喧嘩もするけど いつのまにか二人笑って
また二人の日常に戻る 君とだから 出来る迷わずに

これから二人永遠に 共に歩み共に生きて↑
笑顔絶えない家庭築き 幸せを作っていく

そんな山晋・貴子さん 今日いるみんなに支えられ
どんな夫婦よりも幸せ 願う僕ら 笑顔で祝福

おめでとう

素敵な未来へ

亮とサムはどんなときも

亮とサムはどんなときも
作詩:明星有志

ノーマルギター少年 窓側のクラスメイト
嘘やずるさが嫌いで 実直ナイスガイ
友情を守り続ける 爽やかな好青年
そんな亮に出会えて みんな幸せ

決めたその人を真っ直ぐに 愛し続ける
特別なこの思いが サムを幸せにする

どんなときも どんなときも
二人歩み続ける限り
出会った奇跡を 忘れないで 抱き続ける
そしていつも あなたを愛し
二人笑い続けるために 素直な気持ちを大切にしたい!


サムのあだ名の由来 侍(サムライ)に似ているから?
全然 似ていない 意味がさっぱり分からない
照れ屋で帽子が似合う ミスチル好きな女の子
偶然な出会いだけど なぜか気になった丸坊主

新居に遊びに行ったとき 振舞われるのは
冷やしトマト 丸かじり だけどメッチャ美味い

10年後も 50年後も
二人の記念日はいつでも
僕らどこにいても 駆けつけるよ 笑顔に会いに
繋がる絆 時代を越えて
夏の夜空にきらめく星
「明星いつまでも」 愛言葉は一つ

どんなときも どんなときも
輝くダイヤモンドよりも
サムと亮の愛が 照らしている 二人の未来
そんなサムと そんな亮が
出会えたことに 贈る言葉
「おめでとう」「ありがとう」 二人よ いつまでも

亮’s ウェディング Song

普通のギター少年 窓際のクラスメイト
春風のような さわやかな奴
嘘やずるさが嫌いで 真っ直ぐな男
そんな亮に出会えて 僕ら幸せ

その笑い声は高らかに まるでオーケストラ
その唄声はパンクロック だけど優しんだ
決めたその人を 真っ直ぐ愛し揺るがぬ男
そんな君に出会った サムも幸せ

そんな日々の中には 泣いたこともあった
一つ一つ乗り越える 簡単ではないけど
ただ誠実に ただ一筋に
今日という日を迎えた 二人おめでとう

運命めいた出会いではなく
順風満帆の恋じゃなく
当たり前の ありきたりの 特別な思いやりが
続いてく 育ってく 全てを包んでゆく

繋いだ心が一つになる
その瞬間も 明日も いつまでも
未来のジグソーパズルを埋めてゆく

亮とサムに出会えてよかった
サムと亮が出会えてよかった
喜びで瞳が潤んでくる
寂しさも不安もにじんでく
目の前の明るい星を僕ら追いかける

ラララ・・・・

Coin Rocker Baby

知る人ぞ知ること。

僕がロックバンドを組んでいるということ。
バンド名はタイトルの通りで、通称CRBもしくはコイベー。
ナイスでしょ!?

高校時代に社会反発系という音楽ジャンルがティーンの僕たちの中にあって、
尾崎豊なんかはその代表格だった。
ミスチルとかブルーハーツにもそういう歌があって、そんなのが僕たちのヒットチャート上位を占めてたんだよね。皆さんもそういう音楽にはまってたでしょ?

ともあれ、そんな思春期に親友ら(上島、亮、井田君、福ちゃん)とバンドを組んだわけですよ。
当時はバンド名とかどうでもよくて、メンバーからは「ASADA」でいいんじゃない?
とか言われて、それを俺が却下して、結局「MARIA」って名前になって。

で。MARIAも解散して(解散にまつわる面白エピソードは後日☆)、思春期も過ぎたある日。
亮(Vo.)が一枚のCDを持ってきた訳ですよ。
タイトルはThe Living Dead by Bump of chickenで“K”って歌。
みんな知ってるこの歌。Kって名づけられた黒猫の話がめちゃロック(^____^;
CDウォークマンだったから順番に聴いてたら、みんな超感動!
即、バンド再結成。
で、バンド名は?ってなって、上島がコインロッカーベイベーは?って軽く提案。
みんなで一通り笑った後、でもその名前捨てがたくねぇ!?ってなった。
ロッカーはROCKにかけて、コインロッカーに捨てられちゃう子どもがいる社会への反発系ってことで。

そのバンドほとんど活動してません(苦笑)。

でもね、時々活動したりします。
一回目は頼(より)さんっていうメンバー共通の女友達の20歳のBirth Day★
頼さんはとにかく早口でツッコミが鋭い。DVDの2倍速か!と突っ込みたくなる感じ(^^;;;
けど、頼さんは人懐っこくて良識ある素敵な女子だから、みんなで歌作ろうってなった。

作詞は俺がやって、作曲は亮。
曲名は『誓いの日』

♪二十年前の産声が 今では立派に歩いてる~で始まる唄で、
♪この絆は永遠だ この絆は永遠だ この絆は永遠だ~で終わる唄。
スタジオでレコーディングしたのに、そのテープに余計なこと吹き込みすぎて、渡せず。今そのテープがどこにあるのかも誰にも分からず(迷宮入り)。

ともあれ、時は流れ、この9月に亮が、10月に山晋がめでたく結婚することになり!!
再び、曲を作ることに。
作詞は光栄にも僕(の予定)!
またもや異才を発揮する時が(!)!

今、受験勉強の合間を縫って作詩してるんだけど、
ここでも、折を見て公表していこうと思っちょります☆
カウンター
  • 累計:

Twitter始めました。
最新コメント
月別アーカイブ
ギャラリー
  • 絵画でティーな午後~真友たちの贈り物~
  • 絵画でティーな午後~真友たちの贈り物~
  • 絵画でティーな午後~真友たちの贈り物~
  • 音楽に融けてく。
  • 夏の終わりに思い出すこと。
  • イイタイコト2011
最高の芸人「エレ片」のラジオ
by PODCAST-BP
  • ライブドアブログ