ユッスーの日々

挫折と挑戦の二重らせんの日々を綴るユッスーのブログ。

本・映画・TV

水滸伝読了し秋を想う

北方『水滸伝』を読了した。
各500ページの全19巻だから9500ページの物語(注:北方謙三氏利用の原稿用紙換算)。
長かった、とはほとんど思わなかった。
読ませる力のある小説だったし、
僕にとっちゃあ読みたくて仕方がないジャンルのものだったから。
愛とは何か?と問い続ける詩人やアーティストがいれば、
真理とは何か?と掘り下げる哲学者や学者もいるだろう。
でも、若き僕の心を捕らえて止まない問いは、「人生いかに生きるべきか?」だ。
歴史小説の中の偉大な人物はそれをいつも教えてくれる。
諸葛孔明、上杉鷹山、楽毅、坂本竜馬しかり、
今回の梁山泊の英雄たち然りだ。

人は意味に生きる存在である。と真実を表現した世界桂冠詩人がいた。
であれば、意味を求め続けることが生きることであり、それ自体が幸せなんだろう。

あ、ちなみに水滸伝は痛快な歴史小説で、すごく面白かった。
だから、読み終わったこと自体は達成感なんかとは程遠い
“読み終わってしまった感”を感じてる。
そりゃ、読んでるときは作中の英雄の死にショックを受けたし、
振り返れば作品のお陰で成長できた自分も感じれるんだけど。…ね。

でも、あらゆる達成感は刹那の喜びだ。挑戦の日々の中に人生の意味がある。
そんな風に思う最近の僕には、改めてそれを実感する良い作品だったなって思う。
内容をほとんど忘れてしまう時まで、多分読み返したりはしない。
僕は僕の物語を進めなければいけないから。
北方氏を尊敬すると共に、友情を感じる。
もし、来世あたりでお会いする機会があるなら、友達として切磋琢磨出来るかなって思う。
そんな妄想を抱ける僕は幸せなんだけど、
一度(ひとたび)、自分の挑戦を止めれば、
少なくとも妄想の友情は消え去ってしまうんじゃないかな。
頑張らなきゃな!
北方『水滸伝』はオススメ!
読みたい人貸すよ(無期限で)!
2巻から19巻まで!
1巻は失くした(笑)!


追伸:好きな好漢(英雄)は楊志。

『天国への階段』を読んで、人生を思う

人生は素晴らしい。
一年くらい前から、そう強く感じるようになった。
といっても、「生活が充実していて悩みがない」なんて程遠い状況だったけど。
実際、前に勤めていた会社を、正に一身上の都合で辞めようと決意した頃だった。
それから退職までの日々は内臓を痛めつけられるような苦悶の日々。
今でも、それはハッキリと覚えていて、僕に期待してくれた職場の人たちには、
感謝の思いと、それ以上に申し訳ない思いで、地に付けた頭が上がらない。

ともあれ、生まれてきて良かった。
苦悩と挑戦の人生を歩めることに感謝。
「君には感謝の心が欠けている」と厳しく叱ってくれた大先輩もいた。
正直、当時の僕にはそれが分からなかった。
二十歳をようやく過ぎた頃の僕は、人生なんて自分で乗り切れるもんだと息巻いていたから。
だけど、こんな風に人生の厳しさを知って、それを切り拓く素晴らしさを知った今。
これまでも、これからも、助けてくれ、育んでくれた人たちに心から感謝したい。

ところで、『天国への階段』。
白川 道(とおる)作の長編小説。
ジャンルは一応サスペンスになるのだろうけど、
内容は一流小説の条件ともいえる人生を描くことに成功している。
文庫本を古本で上・中・下と揃えたものの、各巻500ページの長編。
上巻を読むのに1ヶ月かかった。
中巻の半ばまで半月。
中巻の残り半分と下巻は1日で読み終えた。
実際、今さっき読み終えて、時間は午前6時。
推理ものらしく中盤から物語りは一気に加速してゆく。
登場人物の人生が激しくぶつかり合い、儚い火花を散らし、磨り減ってゆく。
サスペンスといっても謎解きの要素はほとんどない。
僕は只ただ、登場人物の人生を目で追いながら勝手に心を動かされている。

例えば3連休とかがあって、
人生の密度を確かめたいというときに、
是非手にとってみてください。

僕の父の推薦書。

男が女を愛するとき

まさか、僕にとって『ショーシャンクの空に』を上回る映画が現れるとは…。
その映画のタイトルは『男が女を愛するとき(When a Man Loves a Woman)』1994年公開。
衝撃的だった。
5年前に観ていたら「あんまり面白くない」の一言で終わっていたかもしれない。
27歳になって、遠距離恋愛が6年になって、
将来の夢と将来の家族のバランスなんてことを真剣に悩むようになって…
今だから、ここまでに感動したこの映画。
映画は好きで、特にヒューマンドラマやラブストーリー(ラブコメ含む)が好き。
でも、この映画ほど心を揺らされる映画は初めてでした。

初めは「メグ・ライアンめっちゃいいな~」なんて気楽に観ていたのですが、
だんだんと物語の中にのめり込んでいき…
いつのまにか、主人公の二人と共に悩み共に悲しみ共に葛藤し共に喜ぶ自分がいた。

愛している(と思っている)のに、アリス(奥さん)のありのままを理解し愛し合うことが出来ないマイケル(夫)。
目の前のアリスの傷つき“変わってしまった”心の声を聞くことが出来ず、
自分の中の“理想のアリス”の姿に向かって話しかけているマイケル。

マイケルの心の動きが痛すぎるほど良く分かる。
アリスの心を理解したくても、どうしても出来ないもどかしささえも共感。

今回は、アリスより、マイケルの立場で観てしまったんだけど、
次は、アリスの心の動きをしっかりと観たいと思う。

この映画は、気楽にオススメ出来るものではないけれど、
観る人が観たら本当に感動します。

『ダーウィンの悪夢』

"Darwin's Nightmare"(英題)を観ましたよ。
自宅のDVDで!!!

これは衝撃作だ。

アフリカ・タンザニアで現在起きている悲劇が映されている。
「厳しい」という言葉では生ぬるい「絶望的な」現実があった。
正直、ちびりそうだった。びびった。憤った。罵った。祈った。
恐ろしすぎて、臆病な今の僕には祈ることしか出来ない。

以下に、映画の内容と感じたことの一部を記そうと思う。
この映像の力は観ないとどうせ分からないからネタバレとか気にする必要ない。
これはタンザニアにあるヴィクトリア湖を巡る話。
この世界最大級の湖には、「ナイルパーチ」というドでかい魚がいる。
僅か数十年で巨大な湖の生態系を破壊しつくした1メートル以上もある肉食魚。
見た目も凶暴性もブラックバスを十倍にしたような魚。
この魚を巡る利権がタンザニアを支配している。

簡単に言えばナイルパーチの白身は大金になる。
何しろ、一匹から取れる切り身の量がハンパないから。

クロコダイルも生息するヴィクトリア湖で水に潜って魚(ナイルパーチ)を網に追い込むのは黒人。
湖のほとりに大きな工場を建てて、魚肉加工の為の完全な衛生設備を作ったのは白人。
その工場でコントラストが際立つ白衣に身を包んで、魚を加工して綺麗な切り身を輸出用の箱に詰めるのは黒人。
少なくとも一日500トンに及ぶ魚をヨーロッパ、日本に輸出して莫大な利益を得るのは白人。
肉を削がれた後の、蛆虫とハエとアンモニアにまみれた魚の残骸を食べるのは黒人。
加工された魚を満載して、運び飛び立つ飛行機のパイロットは白人。
パイロット“達”の愛人はタンザニアの健気な黒人女性。

ヨーロッパからの飛行機は“空”で来て、魚を乗せて帰る。
その“空”のはずの飛行機には尖った鉛の弾丸、武器、爆薬が。
どれだけ貧困が激しくても、市場には食糧が並ぶ。
しかし、それを買うことの出来る貧困層など存在しない。
国連を通じて援助物資が送られる。
それですら利益を上げるのは先進国。
皮肉にも、ナイルパーチが他の魚を食べまくって丸々と太っていく姿が、
アフリカと北の関係を象徴しているようだった。

もちろん、ナイルパーチには何の罪もない。

オススメ映画

以前、僕が友達に紹介したオススメ映画を、以下にコピペします!
興味があるのあったら観てみて!!ちなみに時々、更新します☆

<観ていないと人生においてその分だけ損してると言える程の傑作>
ショーシャンクの空に(希望と根性)
独裁者(チャップリンの名作コメディ ラストの演説シーンに感動)
ライフ・イズ・ビューティフル(戦争・ヒューマンドラマ兼コメディ 名作)
ブラザーフッド(韓国の戦争ドラマ かなり泣ける)
学校(日本映画)
オールウェイズ三丁目の夕日(2作とも)
もののけ姫(宮崎アニメの最高峰だと僕は思う)

<ちょっと重かったり、真面目だったりするけど人生観が深まる映画>
ホテル・ルワンダ(アフリカに目を向けることになった作品)
不都合な真実(環境に目を向けることになった作品)
 補足:上記2作は映画としても非常に面白いです。

<爽やかに感動したいときに観る名作>
天使のくれた時間(ラブドラマ・ヒューマンドラマ)
ゴースト~ニューヨークの幻~(ラブドラマ 面白い)
グッド・ウィル・ハンティング(うん。よくできた映画だ。)
今を生きる(ロビン・ウィリアムスの映画☆)

<素直に「楽しかった!」と心から振り返れる逸品>
猟奇的な彼女(ラブコメディ)
モンスターズ・インク(ディズニー・ピクサーのアニメ映画)
ルパン三世~カリオストロの城~
オーロラの彼方へ(これは意外なほどに名作!)
シュリ(韓国アクション映画)
ユー・ガット・メール(メグ・ライアンとトム・ハンクスの爽やかラブ・ストーリー)

<有名だけど、有名だけあるよ!っていう作品。食わず嫌いで見落としていたらどうぞ>
バック・トゥ・ザ・フューチャー
マトリックス
タイタニック
ミッション・インポッシブル(3が熱い)
ダイ・ハード(2まで)
ターミネーター2
レオン
24シリーズ(ファースト・シーズンはだるい)

<万人受けはしないかも知れないけど、俺はかなり面白かった作品>
幸せのちから(苦境から這い上がる感動作。ナイスだウィル・スミス親子)
スウィート・ノーベンバー(キアヌ・リーブス主演 エンヤの主題化が良い)
キャスト・アウェイ(トム・ハンクスのロビンソンクルーソー)
パーフェクト・ワールド(ケビン・コスナー)
カレの嘘と彼女のヒミツ(この手の番組はアメリカで本当に多いんですよ。ともあれ、話の落としどころが良い)
ラブ・アクチュアリー(これも爽やかラブストーリーの傑作)
シンドラーのリスト(一度は観ておこう。)
ローマの休日(オードリーの魅力が詰まってる)
君に読む物語(ナイス感動ラブストーリー。小説のような。)
ラブ・ストーリー(韓国映画)
8月のクリスマス(韓国映画:主演の二人は素晴らしい)
カウンター
  • 累計:

Twitter始めました。
最新コメント
月別アーカイブ
ギャラリー
  • 絵画でティーな午後~真友たちの贈り物~
  • 絵画でティーな午後~真友たちの贈り物~
  • 絵画でティーな午後~真友たちの贈り物~
  • 音楽に融けてく。
  • 夏の終わりに思い出すこと。
  • イイタイコト2011
最高の芸人「エレ片」のラジオ
by PODCAST-BP
  • ライブドアブログ