ユッスーの日々

挫折と挑戦の二重らせんの日々を綴るユッスーのブログ。

『ウソというシステム』原発反対の詩。

子どもたちと、昔は子どもだった友達に送る詩。

『ウソというシステム』
                           
僕たちはいつの間にか大人ってやつになった
もう膝小僧は擦り剥けてないし、お腹も出てきた
大人になって分かることはさぁ
世の中には思ってたよりも優しい人が多いってことと
人は、人は、大人はさぁ、
芸術的な程に巧妙に嘘を隠せるってことだよ
僕は、僕は、僕らはさぁ、
悲劇的な程に自然にそれを受け入れてたってことだよ

今だから言うよ
子どもたちは嘘をついたっていい
嘘つきは泥棒の始まりだなんて言う資格なんてさ、
今、日本に住む大人の誰一人持っちゃいないんだ
何も盗んだつもりはないんだけれどさ
見えたはずのものを、
絶対に守らなければならないものを
僕らは見捨てていたんだ
「お金に色はない」なんて言葉はさ
絶対に信じちゃあいけないよ
僕はそんなこと言えた義理じゃないけどな

ある人がネジを作り
ある人がボルトを作り
ある人が鉄板を運んで
ある人がそれを組み立てて
ある人がレバーをくっつける
ある人がまたある人に渡す
ある人がレバーを引くように頼んで
ある人がレバーを引いたら
ある人もある人もある人も喜んだ
ある人とある人とある人は死んだ
ある人は何も知らなかった
ある人は悪くないんだって
ある人が慰めた
ある人はまたネジを作り始め
ある人は……
……。
…。

…例えばそんな風に、
ウソというシステムは回る
ある人は皆、確信犯だったかもしれない。
ある人は皆、生活を守っていただけだったかもしれない。

授業料ってあるよね。
僕が入りたい学校はさ、
本当におかしな学校でさ、
僕のお母さんを人質に下さいっていうんだ
本当にふざけてるだろう?
でも初めはそんなこと知らなくてさ
僕は学校に通ってたよ
そしたらある日、地震が起きて、
僕はもうお母さんに会えなくなった
もうすぐ次の学期が始まるみたい
僕らはどうしたらいい?
高過ぎる授業料だったって、
耳元で叫んでくれないか。

この島国には
残念ながら石油が出ないんだ
レアアースも穀物も全然足りないんだって
資源の無い国だから、加工貿易やってんだって、
僕らは学んできた。
でもさ、気づいたんだ。
当たり前のことだけどさ。
人がいるじゃないかって。
都会の生活を支える農家の人も、
製造業を支える工場で働く人も、
笑顔を無料で 分けてくれる人も、
そんな人たちの口に札束ねじ込んでさ、
安全ですから何も心配しなくていいですよって
安全ですから 何の準備もいらないですよって
黙らせて、電力を得てきたわけだ。
誰かの安全を担保にするくらいなら、
そんな電力は薄汚れたもんだ。
停電大歓迎。
 こちとらアフリカ帰りだ。
おじさん、いろいろ調べたんだ。 
原発が無くても電力は足りるんだよ。
金のなる木には毒が眠ってるんだ。
22世紀の人類にだって手におえない毒が。
無色透明で無味無臭でおまけに半永久的な毒が。
それでもその木を切りたくないのさ。
それが大人なのさ。

下手くそな文章で俺もうんざりするよ。
勘弁しておくれ。
余り熱くなると、友達からもスルーされるんだよ。
大人になっても「うんこマン」みたいなレッテルはあるんだよ。
まあいいや。俺は「反原発マン」でいいや。
君たちが思う以上にかっこ悪いんだよ。

これだけは覚えておいて。
人を信じることは素晴らしい。
だけど、人が作ったシステムを信じると危ない。
一万人がほんの少しずつ嘘をついて作り上げたものは、
誰かが血を流すまでなっかなか見破れないから。
そしてまた信じられない速度で繰り返す。
戦争も原発も本当に良く似てる。
今からでも遅くはない。
ちょっとだけ耳を貸して。
ちょっとだけ目を開いて。
ちょっとだけ声を聴いて。
ちょっとだけ頭を使って。
一緒に戦おうな。
それまでは元気で。
やっぱりウソはなるべくつくなよ。


追伸:まだ会ったことないけど、僕の尊敬する友達が歌ってるから聴いて欲しい。

新年と信念

『新年と信念』
文:浅田光義
どんなに優しく触れたって
まだ瘡蓋(かさぶた)も張ってなきゃ痛いな
それが心なら夜中までジンジンする
大人になって久しく経って
あの頃のもつれた悩みは解けたけれど
手元に残ったのは、いやいやどうして、
シンプルな問題児だ

2012年は世界中の元首がばたばた変わり
混沌の後に新しい秩序を呼ぶだろう
この脳細胞もいっそ総選挙を開いて
新しい元首を選び出せたらいい
大地はこんなにも広いのに
どうしようもなく固くて固くて
軟な爪先が刺さるような場所はどこにもない

直線の輪郭がやたら多いこの街で
どうしたら真っ直ぐに歩けるだろう
無駄なことに時間を使ってるから
無理なことばかりの路地に迷う
嫌になるくらい正確な因果の中で
この難局を未来に塗り替える戦略を立てる

誰かの魂が籠められた音楽を
ボリュームの限界で注ぎ込む
明らかに曲がるはずない方向に
右肘も左足も折れてるように見えるだろう
それでも立ち上がり折れた筆を揮う
ボロボロの設計図を胸にしまって

目の前にあるような幸せをさ
今は受け取れないって時だってある
肩掛けのバッグには大切なものが
少しだけ残ってるはずなんだ
それは確かめなくてもいいはずなんだ
心からの笑いがきっとそこにあるはずなんだ

この散らかった言葉を紡ぐものは
落ち着いて考えてみるとこういうものだろう
失い続けてる人生への反省と
希望のかけらを拾い集める作業
漸進的かつ平和的な革命への覚悟

自転車に空気を入れることから始めよう
ひと手間かけた食事から始めよう
お気に入りのBGM選びから始めよう
目覚ましをセットすることから始めよう
うがいや手洗いから始めよう
両親への手紙から始めよう
新聞を読むことから始めよう
アイロンをかけることから始めよう
始めたことを続けることから始めよう
バックミラーを直すところから始めよう
靴ひもを結び直すことから始めよう
自分だけの占いを信じることから始めよう
明日出来ることを今日始めよう
鏡の前で思いっきり笑うことから始めよう
世界に謙虚に嘯(うそぶ)くことから始めよう
止めることを躊躇うことから始めよう
それでも前に進むことから始めよう  

本年もどうぞ宜しくお願い申し上げますm(-_-)m 

無題の詩

うだつの上がらない自分とか川村とか上島とか、
その他、大勢の負け犬(男の八割)に、今年最低のクオリティで贈る詩。

 
『            』
詩:浅田光義
家を出てすぐに学校へ向かう道は
木枯らしと冬の淡い陽射しが交差してる
空気圧の弱い自転車はゆっくりと僕を運ぶ
 漕いでもさ漕いでもさ前向きな気持ちってやつはさ、
鳴らない携帯と一緒にワンルームに忘れてきたみたいだ

太陽が出ている時間は苦手
根本的な孤独感をいやおうなしに浮かび上がらせるから
思い出し笑いの過去も、未だ夢見てる未来も、
過ぎ去ったり、未だ来るかどうかも分からないって、
この澄んだ空気よりも軽い存在感の中で僕をからかう

あの暑苦しい己の叫びも、
忘れてなんてない。
元々形無いものを追いかけてきた十数年間。
感傷的な季節に風邪を引いた今日という日々。 

たまにこんな手触りのない薄幸感で
このうすら寒さをお歳暮に包んでみたり、
些細な同情を買ってみようと小銭を数えたり。
そういう感じでちぎれそうな言葉の糸は
このあたりで奔流へ巻き込まれていく

このらしくないクラウチングスタートは
世界中の潜在的な親友たちへの暁鐘なんだよ
薄っぺらなスクリーンに映ることのない星々
本物になれないと嘆いては道化師のふりをしたりしながら、
ぎりぎりで人生の意味を示す不格好な支点。
力点に思いっきり、思いっきり、思いっきり、
君が蓄えた力を僕が放ってみせる。
次の刹那には時空も世間も突き抜けるような作用点 の輝き。
それは消えることのない濃いオレンジの光 

いぶし銀のような次の一手は
24時間眠らずにもがくような奴に似合う
どろっどろの泥の中で虎視眈々と
どろっどろの泥仕合を仕掛けよう
相手はやっぱり大きすぎるから、
傍から見れば相変わらずの大道芸

本当は俺は知ってるよ。
不名誉なレッテルすらも忘れ去られた、
そんな町はずれの路地裏に、
歴史を動かす熱が眠ることを。
寝た子を起こすよ。 
格好悪い祭りが始まるよ。
終わらない歴史の狭間のストーリー 。

それでいい

それでいい
言葉:Youssou
「死にたい」なんて言うからさ、
慌てて「自殺は絶対ダメだぞ」って言った。
そしたら「正論いうなよ」って呆れられた。
その眼は「何にも分かってないな」って言ってた。
死にたいなんて言うやつの気持ちが分かってたまるか。
お前が死んだら俺は悲しいじゃないか。
死ぬな。苦悩を突き抜けろ!

「頑張れ」

本気の「頑張れ」はいつだってタブーじゃない。
心と心の友情があれば、
誰も自ら死にたいなんて思わなくていい。
かける言葉が見つからないとき、
なんでもいいから、叫んだらいいと思う。
自分が思うままに誠実に気持ちをぶつければ、
どんなときでも、
シンプルに、
迷わずに、
それでいい。

頑張らなくてはどこにも行けないこの世界。
頑張ればどこにでも行けるこの世界。
理不尽な艱難はあれど、
それぞれがそれぞれにつまづきながら前に進む。
歩くスピードは速い方が良いけど、
自分なりにベストを尽くせば、
それがどんだけ速くても、
それがどんだけ遅くても、
それが自分にベストなスピードなんだろう。
スローライフもラッシュアワーも、
勝手に選んで楽しめば、
それでいい。
そう思う。

失敗のない人生なんてあるのかな?
後悔のない人生なんてある訳ない!
取り戻せないからこそ、過去。
予約できないからこそ、未来。
一瞬で過ぎ去るからこそ、今。
自他共に認めるいい加減な僕です。
だからこそ、
負けられない戦いがある。
でも、そういうのにもしばしば負ける。
やっぱり、勝たなきゃいけないとこは勝たなきゃだって、
痛いほど実感する。
血を流して、化膿したら、
痛みをこらえて押し出してこそ、快復の明日。
もっと強くなるよ。
こんな感じで、
力んで、まただれて、
もう一度、気合い入れる。
自信はないけど、
多分おそらく、
それでいい。

肝心なことほど、
答えが出ないままに、
一瞬一瞬が回答の刻。
連続不正解の中で、
偶然のひらめきに出会う。
知らない街を散歩して、
ふいに出逢う景色。
懐かしいような、
そうじゃないような、
心を惹かれる風景。
話したこともない人たちの交差点。
生活の息づく町外れの群像。
何一つまとまらないままに、
筆は進むけど、
まあそんな日もあるよね。
大切な問いは、
いつも胸の中に。
何が大切かを問い続ける旅。
この場所は間違ってない。
そう決めた。
迷うだろうが、
迷うな、俺。
浅はかでも、
面倒でも、
手紙を書き続けるから。
それでいいよね。
うん、それでいい。
三通目


PS.ちなみに冒頭のくだりは、僕や僕の友達に関する話じゃありません。ある知人から聞いた話が元になってたりします。

ひとつだけ

ひとつだけ
言葉:Youssou
長いよな
短いような
この人生で
大切なこと
ひとつだけ
選ぶとしたら
出来るだけ沢山
出来るだけ心から
出来るだけ思いっきり

笑うこと

笑顔が好きだ
笑顔だけあればいい
笑顔で死んでいきたい

怒った時も
次の瞬間に笑おう
寂しい時も
次の顔では笑おう
悲しい時も
次の日には笑おう
もう本当に
笑顔が大好き

世界中の銅像が
笑顔ならいいのに
世界中の絵画が
笑顔ならいいのに
世界中の写真が
笑顔ならいいのに
世界中の教室が
笑顔ならいいのに
世界中の家庭が
笑顔ならいいのに
世界中の戦場が
笑顔ならいいのに

そんなことばかり
考えてしまう

目の前の人が
いつも笑顔でありますように
そう願いを込めて
僕はおどける
僕は失敗する
僕はつまづく
僕は間違える
僕はからかう
僕は変顔する
僕は笑う
そしたら君に
笑顔の花が咲く

そんな風に
笑顔を交換してるうちに
僕はもっと人が好きになる
笑顔の為だったら
全てを懸けたっていいって思う
本物の笑顔に会うためには
難しいことはいらない
心を砕いて
心を開いて
心のままに
笑えばいい

気の利いた言葉もいい
練りに練ったジョークもいい
笑いの神様の贈り物もいい
でもそれがなくても大丈夫
本当に何気ない日々の
何気ないことに笑う人であれば
世界中が味方になる
世界中に愛が溢れる

笑顔を求める心は大きい
世界を包めるほどに大きい
笑顔を生み出すその心は
どんな兵器よりも強くなる

嫌な奴にあってもさ
遠慮なく笑わそうよ
人間だったら誰だって
笑顔が好きなんだ
自分だけじゃなくって
一緒に笑おう

今、
どんな感動よりも
笑顔に会いたい
笑顔と共に生きたい
この意志には
永遠不変の価値がある
ひとつだけ選ぶなら
なにはなくとも
笑顔の一枚
二通目

どこにでも

どこにでも
言葉:Youssou
I can go anywhere.
You can go anywhere.
この世界に生きている限り、
僕らはどこへでも行ける。
何にでもなれる。
命っていうGIFTが最高である訳は、
そこに全ての自由が詰まっているから。

無限にも思える無数の元素が、
奇跡のように結びついて彩られる世界
あるときは都会の街角に、
あるときは大自然の真ん中で、
あるときは古びた図書館の片隅で、
いい加減に気付いてくれよと、
メッセージが点滅してる。

誰が認めなくたって、
お金が生じなくたって、
親が反対したって、
かまうこたない。
たった一人、
それを信じてればいい。
それは自分でいい。
それが親友なら尚いい。

まあ、世知辛い世の中だ
徒手空拳では心許ない
簡単に信じれば、
簡単に裏切られたりもする
自分だけが背負うべき荷物も重い
視野が極端に狭まるコーナーもある
嘆きたくもなるし、
刹那の喜びを集めたくもなる

だけど。
ここはやはり、「だけど」だ。
沢山の繋がりの中に生かされて、
その繋がりに足を取られたって、
転んだ大地の確かさに気付けばいい。
その道の広がりに立ち尽くせばいい。

まだまだ、まだまだ、
この物語は膨らんでいける。
全世界の人々が織りなす協奏曲に、
渾身の一曲を加えていける。
雨季の始まりに広がる雑草のように、
雨季の真ん中に生じる虫の大群みたいに、
乾季のはしりに舞う落葉のように、
乾季の終わりに吹き荒ぶ砂塵のように、
数十億の一人一人が、
自分のことばかり考えて、
時々、誰かのことを考えて、
想いが不協和音に放射して、
それを楽しむ僕でありたい。
それを楽しんでる君に逢いたい。

ふと気が付けば、
隣を歩いている人がいなくなった。
道を間違えたみたいな不安の中、
ちょっと眠れない夜もしばしばある。
みんなそれぞれの道を選んで、
その結果、孤独に似た感情に出会う。
僕の自由の隣には寂しさが住んでる。
それを認めることも僕の自由に伴う責任かと思う。
そんな時、
そっと他の人を想う。
もうこの世を去った人のことも想う。
そんなことで和らぐ痛みもある。
どこへでも行ける。
どこまでも行ける。
それが分かったから、
不可能なんて言葉、
もう必要ない。
一通目

それでも続く物語へ

理不尽な病気と闘う友人に贈る

それでも続く物語へ

雨の季節だっていうのに
嫌んなるくらい晴れ渡ってて
蒸し返る道路と日差しの間で
君は白昼夢に眩暈する

そういえばこの季節ってのは
意外に空気が澄んでるんだっけ?
重みのある真っ白な雲は
また嫌んなるくらいに自由だ

理不尽なほどに急な夕立が
その後に綺麗な虹の夕焼けを用意してること
信じられないほどに僕らは“近眼”になった
それはきっと、長い間を狭い部屋で
TVばかり見て育ってきたからだろう

遠くにあるはずの過去を
顕微鏡で見ているような距離感
そういう現実を僕らは受け止めて
焦点の合いそうもない日々を
ぶれながら歩いていく

そもそも僕が君に
贈れそうなものなんて何も無い
七夕の季節だったなら
短冊にしたためることくらいは出来たかもしれない

棋聖が既に詰んだ展開だとしても
知らん顔で物語は続く
どれを選んでも悪手と知っていながらも
次の一手は打たれなくてはいけない
投げ出せないし、投げ出せないから、
明後日あたりに巡り来る好機

水面をすいすいと運ばれる一片の笹舟
横目に見ながら僕達はせわしく犬掻き
それでも物語は河口へと流れる
君だけが知る浪漫を乗せて

いつの間にか雨はやんで
清々しい夏の午後
明日には熱波が押し寄せて
ずぶ濡れの今日を忘れる
何も知らずに生まれてきたけど
大人になっていくことは
やはり忘れていくことかもしれない
知らなくてはいけないことなんて
何も無いのかもしれない

それでも続く物語に
目一杯の愛情を
それでも続く物語に
飛び切りの友情を
それでも続く物語に
特別な戦場を
それでも続く物語に
幸せな群青を
それでも続く物語に
君だけの頂上を
カウンター
  • 累計:

Twitter始めました。
最新コメント
月別アーカイブ
ギャラリー
  • 絵画でティーな午後~真友たちの贈り物~
  • 絵画でティーな午後~真友たちの贈り物~
  • 絵画でティーな午後~真友たちの贈り物~
  • 音楽に融けてく。
  • 夏の終わりに思い出すこと。
  • イイタイコト2011
最高の芸人「エレ片」のラジオ
by PODCAST-BP
  • ライブドアブログ